回答者:マルボロさん(男性/34歳)

職業名:輸入車ディーラー営業 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:2年

仕事内容
滋賀県の輸入車ディーラーで輸入車を販売すること。

勤務地は滋賀県の栗東にある輸入車のディーラーです。

従業員は10名程度でした。

主に来客に対して接客し商談、販売といった流れです。

その他にも毎日10台程度、車の洗車の仕事もします。

この仕事をしようと思ったきっかけは、車が好きなことと、この会社の車を親が購入し、この会社を知っていたことです。

就職活動のときにこのディーラーが新卒採用しているのを知って応募し合格しました。
仕事のやりがい
新卒で就職して3か月くらいのときに会社の別支店でクレームをつけていたお客さまが来店し、その連絡を受けたマネージャーが即対応しました。

お客さまは店内のソファに怒った様子で座って車の修理を待っていました。

私はお客さまに飲み物を用意し、お話を伺い、サービスのものにやらせますのでお待ちくださいとこちらが悪いことを認め、お客さまの立場で対応しました。

そのお客さまは帰りに「君の名前は?次からこの店で買うわ」とおっしゃってくれました。

機嫌を直して頂いて、褒めて頂けたことが嬉しかったです。
覚悟しておいた方がいいこと
確実にノルマがあります。

もちろん初めは見習いで、徐々にノルマが与えられます。

最初は1台から、2年目3年目になると3台4台と増えます。

マックスでも5台くらいです。

しかしこの台数を売るのは至難の業です。

高級外国車ですから。

そして営業職なのでもちろん終業は遅くなります。
給料・待遇
給料は新卒で196,000円ほどでしたが手取り15万程度です。

当時22歳で大学を卒業し、初任給でした。

1台売るとそれにマージンがもらえますが、車のシリーズや売値、台数によって変わってきます。

1台売って給料は25万円ほどになりました。

年収はだいたい25万×12か月程度でした。

ベテランの営業マンは毎月70万ほどの手取りをもらっていました。

月に3~5台売っていました。
この職業の恋愛・結婚事情
この職場では恋愛は難しかったです。

社内で恋愛しようと思うほどの好みの女性がいませんでした。

なので地元の友達に女の子を紹介してもらい、付き合っていました。

仕事が遅くなることがしょっちゅうだったので大変でしたが、仕事帰りに食事に行ったり、平日の休みには相手が仕事が終わるのを待って会っていました。
この職業を目指す人へのメッセージ
営業職は本当に大変な仕事です。

製造の人たちが作ったものをお金にする仕事です。

社会の役に立たせるための仕事です。

人にものを売ります。

人とのコミュニケーション能力が問われます。

そして対人関係が世の中のほとんどのストレスであり私たちの課題です。

人の心をつかむのは大変です。

だから営業職はほかの普通の職種と違って給料が高いのです。

しかし、客の心をつかみ、信頼され、商品を買ってもらえたときものすごく幸せを感じます。

コミュニケーション能力をアップさせ、うまく利用できるようになることは世の中でしっかり生きていくことにつながります。

頑張ってください。