ダンサーの就職先は? ダンサーにはどんな種類がある?

ダンサーの就職先は?

組織に所属するか、フリーランスで働くかの3種類

ダンサーの活躍の場は、踊るダンスのジャンルによっても異なりますが、その働き方としては、プロダクションなどの組織に所属する人とフリーランスで活躍する人の3種類に分けられます。

プロダクションなどに所属する場合の例を挙げると、ダンサー事務所・芸能事務所・バレエ団・劇団・ダンス教室などがあり、これらの専属ダンサーとして働きます。

仕事はそれなりに安定しているといえますが、実力主義の世界であるため、専属ダンサーでもステージごとのオーディションに合格した人のみが出演できるということも少なくありません。

一方、フリーランスで活躍する人の場合、基本的に仕事は毎回自分で見つける形となります。

一般公開されているオーディション情報を見てオーディションを受けたり、人脈を生かして仕事を紹介してもらったりしながら働きます。

専属ダンサーより不安定な生活になりがちですが、自分次第でさまざまな作品に出演できる機会も増えるでしょう。

専属ダンサーを目指す場合

プロダクションなどに所属することを目指す場合、「どこで踊りたいか?」「何を踊りたいか?」によって、就職先は変わります。

特定の劇団などが主催する作品で踊りたければ、そこの入団オーディションを受ける必要があるでしょう。

プロダクションに所属すると、仕事内容によって舞台・テレビ番組・映画・コンサート・イベントなど、さまざまな場で踊るチャンスがあります。

また、テーマパークのショーで踊るダンサーの一部にも、プロダクション所属者がいるようです。

フリーランスで活動する場合

フリーで活動する人も、舞台やコンサート、イベントなどにおいて、自分の得意分野を生かして踊っていますが、フリーランスの場合はさまざまな仕事をこなしている人が大半です。

ダンサーだけで生計を立てていくのは難しく、ダンス教室やスタジオなどで、ダンス講師やインストラクターの仕事を兼業している人が多いといわれています。

ダンサーの仕事内容

ダンサーの種類

ダンサーには得意分野がある

ダンサーがパフォーマンスをする踊りの種類はさまざまです。

より芸術性の高い踊りが得意な人もいれば、エンターテインメント性の強いミュージカルやショーで踊る人もいます。

ダンスの種類によって求められる動きや表現は多少異なるため、複数のジャンルを踊るダンサーもいますが、自分の専門分野や得意分野を生かして活躍する人がほとんどです。

ストリート系ダンサー

ヒップホップ・ハウス・ロック・ブレイク・レゲエ・ジャズ・ポップなどがあります。

ダンスはそもそも音楽に合わせて踊ることが基本ですが、ストリート系の各ダンスは音楽のジャンルとしても親しまれており、より一層リズミカルに踊ることが特徴の一つとなっています。

1970年頃のニューヨークを発祥としたものが多く、筋肉や関節をコントロールして流れを生み出し、アクロバットな動きで観客を魅了します。

歌手やアーティストのバックで踊ったり、クラブやイベントへの出演したりなど、近年少しずつ需要が高まっています。

ミュージカルダンサー・ショーパフォーマー

ミュージカルなどの舞台やテーマパークのパフォーマンスなどで、ショーとしての要素が強いダンスを踊ります。

テーマやシーンによって、ストリート系の動きやバレエの動きなど、さまざまな要素が取り混ぜられることが多く、ステージパフォーマンスの技術も強く求められ、より高い技術力が求められます。

なかにはアーティストのバックダンサーやダンスパフォーマンスグループとして活躍する人もいます。

社交ダンサー

宮廷舞踊から発展した社交ダンスは、競技ダンスとしても親しまれて、競技人口も多くいます。

競技としてはワルツ・タンゴ・ジャイブなど複数の種目が指定され、大会で勝ち抜いていくことを目指します。

しかしながら、社交ダンスの競技だけで生計を成り立たせるのは難しく、社交ダンサー多くのは講師と兼務して活動しています。

その他のダンサー

フラメンコ・フラダンス・アルゼンチンタンゴなど、世界各国の民族舞踊を専門に踊る人もいます。

おおまかな意味ではクラシック・モダンなどのバレエもダンサーに含まれますが、一般的なダンサーとバレエダンサーは区別されることが多くなっています。