客室乗務員に英語力はどれくらい必要? 留学はするべき?

採用試験の受験時に必要な英語力

JALやANAの客室乗務員採用試験では、採用条件のひとつとして「TOEIC600点程度以上の英語力」が挙げられています。

TOEIC600点は、英検だと2級相当と言われています。

採用試験では、面接の前に書類審査(エントリーシート)が行われるのが一般的ですが、この基準を超える英語力がなければ、まず書類審査を通過するのは非常に難しいでしょう。

そのほかの国内航空会社でも、国際線を運航しているエアラインの場合にはTOEIC600点を一定の基準としているところが多くあります。

外資系の航空会社では、採用条件のひとつとして「英語堪能」という条件がありますが、実際にはTOEIC800点や900点を取得していて、非常に英語力に長けている人が多く働いています。

英語力だけですべての採用が決まるわけではありませんが、一定以上の英語力が必要なのは確かです。

また、応募時にスコアを確認されることはほとんどありませんが、その後正式な証明書類の提出を求められることもあるため、書類には正直なスコアを記入するようにしましょう。

「コミュニケーション」への対策も

航空会社によっては、採用試験の際に英語での面接が実施されることもあります。

TOEICのスコアだけでは、本当の英語力がついているか判断できず、実務で必要なコミュニケーションへの対策が不十分な場合も多いためです。

どれだけ試験のスコアが良かったとしても、英語でコミュニケーションをとるのが不得手では、どうしても不利になってしまいます。

普段からラジオの英会話講座を聞いて勉強したり、英会話スクールに通ったりして英語でのコミュニケーションに慣れておくことが必要です。

実際に客室乗務員の業務でも、英語に関しては読み書き以上に「聞く力」や「会話する力」が求められるものです。

試験を受ける前からできるだけこれらの能力を高めておくことは、面接の際にも強いアピール材料になると言えます。

留学の必要性

客室乗務員を目指す人の中には、英語力をつけるために留学を経験しておいた方が良いのではないか?と考える人も少なくないでしょう。

確かに、海外で生きた英語に触れ、コミュニケーションをする経験は非常に重要ですし、日本以外の文化に触れることも客室乗務員の仕事をする上で大いに役立つでしょう。

ただし、留学経験があるからと言って、客室乗務員に採用されやすいかと言われるとそうではありません。

留学の経験よりも、実際にどれだけ英語が話せるか・使えるかの方が重要であるといえます。

また、学生の休暇を利用した短期間の留学ではそれほど効果的ではないと考える人も多いようです。

客室乗務員を目指す上で留学は必ずしも必要ではありませんが、社会人になってから留学をするのは時間的・金銭的にも難しくなるため、留学を希望する場合は学生のうちに学校の制度を利用して経験しておくとよいでしょう。

中国語・韓国語など英語以外の語学力もあると有利

とくに国際線の客室乗務員を目指す場合は、英語だけではなく、他の言語についても習得しているとさらに高く評価されるでしょう。

空港では路線によってさまざまな言語を使うお客さまがいるため、英語でのコミュニケーションがとれないお客さまとの会話が必要になることもあります。

近年ではアジア人の旅行客が増えてきているため、韓国語、中国語(マンダリン、広東語)の知識があると非常に重宝されるでしょう。