テレビADの給料・年収

ADの平均年収

一般的に給料がいいとされるテレビ業界。しかし、まだ「駆け出し」とされるADの場合は、年収250万円程度から600万円前後におさまることが多いようです。

キー局の場合は実力次第で年収が上がり、数年で1000万円に達する人もまれにいます。地方局では、キー局ほどの年収はないものの、だいたい500万円程度が目安になります。

しかし、番組制作会社の場合は、同じADと言ってもキー局と同じほどはもらえないのが実情です。未経験では、月収18万円からスタートの場合も多いようです。

テレビ局でディレクターやプロデューサーへと昇格すれば、年収は1000万円クラスへと上がっていきます。しかし、そこにたどり着くまでの厳しいAD時代を乗り切れず、辞めてしまう人も多いと言われています。

テレビ制作の仕事では、決まった勤務時間はほぼないのが実際のところです。ロケがあれば夜中でも土日でも出かけなければなりませんし、何かトラブルで進行が遅れれば、終わるまでは帰れません。

駆け出しのAD時代は、プライベートの時間を優先させることは非常に難しいと言えます。

給料ではなく、仕事にやりがいを

番組制作に携わりたいと考えている人の多くは、「自分で番組を企画したい」という気持ちを持っていると思います。

しかし、一般的にAD時代は自分の企画を発表できる機会はありませんし、まるで雑用だと思える仕事をこなさなければならない日々が続きます。ディレクターや出演者に怒られたり、頭を下げなければならなかったりすることもあるでしょう。

「華やか」や「高給」のイメージがつきまとうテレビの仕事ですが、活躍している人は、給料が一番ではなく、とにかく仕事が楽しいと言います。

どんなに辛く苦しい日々があっても、仕事にやりがいを見い出して、どんな逆境にも負けない強い気持ちが必要でしょう。

仕事体験談