スポーツ選手の通訳になるには

スポーツの場面で求められる通訳とは?

大リーグの野球選手やヨーロッパをはじめとする有名サッカークラブでの活躍など、日本人アスリートが世界を舞台にスポーツしている姿をよくテレビで目にするようになりました。

そんななか、プロスポーツの試合会場や国際トーナメントなど、海外とのチームやクラブと対戦する際の通訳を目指している人が通訳希望者のなかに増えているようです。

日本のクラブチームに所属する外国人選手であれば、海外から来日して監督や選手としてプレイする場合、日本語がほとんどできない人が多いため逐次通訳が必要となります。

また、日本人が海外のチームに所属するときにも通訳のサポートは必須です。

スポーツ選手の通訳への道

スポーツ選手の通訳になるためには幅広い通訳としての経験が求められます。

いきなりスポーツの通訳をすることは稀で、多くは企業通訳やフリーでの通訳活動をした後、それぞれのスポーツ団体に就職するのが近道でしょう。

スポーツの通訳には、英語だけでなくその選手の母国語に堪能でなければなりません。

たとえば、サッカーチームであれば、強豪チームは英語だけなくフランス語やスペイン語、ポルトガル語といった言語を話す人も多くいるでしょう。

そして言葉だけでなくサッカーについても詳しくなければなりません。監督が求める戦略、戦術を正確に理解し、選手に伝えることが必要です。

また、スポーツ選手に関わる通訳では通訳そのもののほかに日常生活のお世話といったマネージャー的な業務も行うケースがほとんどですので、選手の母国の歴史や文化、行動様式についても深い理解が必要です。