通訳の1日

通訳の仕事は多岐に渡ります。

また、ビジネス、政治、スポーツ、エンターテインメントなどさまざまなシーンで活躍する通訳がいるため、人によって1日の流れもだいぶ変わっていきます。

ここでは、一般的なビジネスシーンで活躍する通訳の仕事の様子を紹介します。

フリーランスのビジネス系通訳として働く人のある1日

08:00 起床

スーツに着替えるなど準備をします。現場へ到着したら、今回の案件の担当者へ挨拶。

09:30 ミーティング

先方と商談内容について簡単な打ち合わせを行います。

10:00 通訳開始

海外の会社との商品打ち合わせが始まりました。相手方の話を、逐次通訳していきます。

12:30 昼食

ランチタイムは仕事ではありませんが、その場に同席。相手企業との会話を簡単に通訳して場を和ませます。

14:00 午後の通訳開始

午前中の会議の続きがスタート。議論が白熱してくると会話のスピードも上がってくるため、より集中力を高めて対応していきます。

16:30 通訳終了

担当者との内容確認や、今回の反省点など確認します。

17:30 帰宅

当日の仕事内容をまとめて次回必要な通訳の資料などを確認。他の企業の案件も、同時に確認しておきます。

20:00 翌日の準備

さまざまな案件を抱えている場合、相手企業の情報などを手帳にまとめて、頭にインプットしておきます。

23:30 就寝

翌日も早朝から仕事が入っているため、早めに就寝します。

フリーランスは勤務時間も不規則

通訳はフリーランスで活躍する人が多くいますが、その給与形態は時給制が多く、1日に2時間程度だけの勤務という場合もあります。

逆に、多くの案件を抱える場合、ビジネスや政治関係以外での深夜勤務が発生することもあるため、心身の状態を整えておくことが大切です。

なお、なかには語学力を生かして翻訳家を兼業している人もいます。その場合、日中は通訳、夜は自宅で翻訳という働き方をしている人が多いようです。

翻訳家の仕事