通訳の一日

通訳の仕事は多岐に渡ります。さまざまなシーンで活躍しているので、その職種によって一日の流れは変わっていきますが、ここでは一般手なビジネスシーンで活躍する通訳の仕事の一日を紹介します。

ビジネス系通訳の一日

8:00 起床

準備をして9:00に現場到着。今回の案件の担当者への挨拶などを行う。

9:30

簡単な打ち合わせ

10:00 通訳開始

海外の会社との商品打ち合わせ 相手方の話を逐次通訳する

12:30 午前中の会議終了 昼食

ここでも同席して仕事ではないが、相手企業との会話を簡単に通訳して場を和ます。

14:00 午後の通訳開始

午前中の続き、議論や打ち合わせが白熱してくると、会話のスピードも上がってくるので対応していく。

16:30 通訳終了

担当者との今回の反省点など確認。特に何もなければ帰宅。

17:30 帰宅

次回の通訳の資料などを確認・他の企業との案件も同時に確認

20:00 次回の準備

さまざまな案件を抱えている場合、相手企業の情報などを頭にインプットしておく。

24:00 就寝

1日の振り返りをし、翌日に備えて就寝。

ここでは、ビジネスシーンにおける通訳の一日を紹介しましたが、外国のニュースなどの同時通訳であったり国際会議などでの通訳など、その現場によって一日は大きく変化します。

さらにフリーランスの場合、雇用形態は時給制が多く、一日2時間だけの勤務というときもあります。

逆に、多くの案件を抱える場合、ビジネスや政治関係以外での深夜勤務などもあるので、体力に自信がない方は厳しいときもあります。

なお、翻訳家を兼業している人は、日中は通訳、夜は自宅で翻訳、という働き方をしている人が多いようです。