トレーダーとファンドマネージャーの違い

セルサイドとバイサイド

金融マーケットの世界には、「セルサイド」と「バイサイド」という言葉があり、マーケットに参加するすべての業者が、セルサイドとバイサイドのどちらかに分かれるといわれています。

セルサイドとは、株式や債券などの有価証券売買の仲介を行う業者(証券会社等)のことです。

セルサイドの仕事は、バイサイドの機関投資家に対して情報提供をして、金融商品の売買による手数料を稼ぐことです。

一方、バイサイドとは、巨額の資産を運用する機関投資家である会社を指します。

セルサイドを通じて有価証券をマーケットで売買し、顧客から預かった資産を運用して増やすのが彼らの仕事です。

バイサイドである機関投資家は、セルサイドである証券会社から有価証券を買います。

たとえば投資信託委託会社や生命保険会社、信託銀行等の機関投資家がバイサイドにあてはまります。

セルサイドのトレーダー

トレーダーとファンドマネージャーの違いは、上記のバイサイドとセルサイドの違いです。

機関投資家であるファンドマネージャーは、資産を運用することが仕事ですが、運用するためには金融マーケットで有価証券の売買取引により、収益をあげなければなりません。

しかし、ファンドマネージャーは、金融マーケットに直接注文を出して売買取引をすることができません。

わかりやすくたとえると、レストランの経営者がお客さまに提供する料理を作るために、野菜や肉などの材料を直接市場から買わずに八百屋さんや肉屋さんから仕入れることに似ているかもしれません。

そして、八百屋さんや肉屋さんは、市場から商品を仕入れてきます。

トレーダーは、ファンドマネージャーの注文を受けて、金融マーケットにおいてファンドマネージャーに代わり、有価証券売買の取引を執行するのが役目です。

トレーダーはパソコンや情報端末を見ながらタイミングを逃さず、ファンドマネージャーと密に連絡を取り合います。

ファンドマネージャーの仕事

また、トレーダーはただ有価証券の注文を受け付けることだけが仕事ではありません。

今後の相場の見通しについて、独自の相場観を交えながら、バイサイドであるファンドマネージャー等のお客さまに対して最適なセールスし、有価証券の売買取引をすることがトレーダーの仕事です。

トレーダーの仕事は、つきつめれば営業職といえるのです。