トレーダーになるには

金融系企業への就職

トレーダーになるには、一般的に投資銀行や証券会社などの金融系企業に就職する必要があります。

このような企業で働くためには、普通「大卒以上」の学歴が求められます。学部や学科、専攻の指定はないことがほとんどですが、実際には経済学部や理系学部出身者が多いようです。

金融工学やマーケティングを学んでいると、業務に活かせる面があるでしょう。大学院出身者も少なくないようです。

就職試験の場においては、在学中に身につけた知識はさほど問われないこともありますが、その代わりに判断力や決断力、精神力、経済への興味関心などが強く問われます。

なお、新卒採用では「トレーダー職」として募集する企業はほとんどありません。まずは「総合職」として一括採用し、能力や適性のある人材がトレーダー業務に携われます。

金融業界の大手企業は就職先としての人気が根強く、ライバルが非常に多くなります。

そのような中、「少しでも優秀な人材を採りたい」という思いから学歴重視の企業もあるようですので、難関大学を出ているに越したことはないでしょう。

企業にはトレーディング部門以外にも、営業、総務、経理などさまざまな部署があります。

そのため、いくらあなたが「トレーダーになりたい」とアピールしても、会社側から適性がないと判断されてしまえば、その関連業務にずっと携われない可能性もあるのです。

一流大学を出ていることがその人を決めるすべてではありませんが、大手金融系企業にとっては、学歴が「志の高い人材」と判断するひとつの材料にはなっているようです。

関連する資格等

トレーダーとして活躍する人は、概して勉強熱心であるようです。とくに競争の厳しい外資系企業に勤務する人は、大学院で経営学修士やMBAをとっていることも少なくありません。

トレーダーになるために絶対に必要な資格はありませんが、関連する資格の一部として、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナー(FP)、証券外交員などが挙げられます。