トレーダーの就職先、活躍の場

トレーダーもひとりの会社員

インターネット株取引を中心としたいわゆる個人のデイトレーダーとは違い、金融市場のトレーダーの仕事は、個人で独立して営業することはできません。

日本では、トレーダーの仕事となる株や債券等の有価証券の取引は、金融商品取引業者だけに許された仕事ですので、トレーダーは金融商品取引業者(トレーディング業務が許されているのは証券会社)の社員になります。

ですから、トレーダーを目指したいと思う人は、証券会社に総合職で入社することが第一条件となります。

まずは、入社を希望している証券会社が、個人顧客(リテール)中心なのか、法人客(ホールセール)中心なのかによって、将来トレーダーに抜擢される可能性も大きく違ってきます。

ホールセールス中心の証券会社は、大きい会社である得意先のお客さまを担当しますので、トレーダーの数も相応に揃えているからです。

機関投資家と協働するお仕事

実は、同じ金融機関であっても、銀行等はトレーディング業務やお客さまの有価証券の売買を取引市場につなぐ仲介業務を行うことができません。

たとえば、株式を売買したいと思って銀行に行っても、お客さまは株式を換金することができないのです。

また、生命保険会社は、契約者から保険料を受け取り、将来発生する保険金を支払う準備として、保険料を運用しなければなりません。

そのためには株や債券の売買により、利益をあげることが必要になります。それを手助けするのが証券会社のトレーダーの仕事です。

証券会社のトレーダーが、生命保険会社などの顧客(機関投資家)に代わって、金融市場または店頭取引(金融市場外の相対取引)において有価証券の売買取引を執行するのが仕事です。

トレーダーの役割

トレーダーの仕事道具は、電話やインターネット端末、そして、金融マーケット情報がリアルタイムで更新される端末等を駆使して行います。

昼間の時間は、いわゆる事務仕事はほとんどなく、お客さまや同僚のトレーダーとの間で取引の話をすることで一日のほとんどを費やします。

映画やドラマ、そしてニュースなどで、大勢のトレーダーが証券会社のディーリングルームに詰めて丁々発止でやりあっている風景がよく見られます。まさに、毎日が戦場のような緊張感が漂う職場なのです。

日本の金融市場では、トレーダーは機関投資家と市場の売買の橋渡しをする重要な役割を果たしているのです。