作曲と編曲の違い

メロディーとそれ以外

作曲は、基本的にメロディーのみを作るのが仕事です。

それに対し編曲は、歌のメロディー以外の伴奏部分を作るのが仕事です。

ボーカルが歌う部分をつくるのが作曲家であれば、それ以外のすべてのパート(ギターやドラム、管楽器や弦楽器など)を考えるのが編曲家の仕事です。

編曲家は「アレンジ」、「サウンド・プロデュース」と呼ばれることもあります。

編曲家には作曲家と同様、音楽的な力量や知識、経験値が必要です。

楽譜も書けなければなりませんし、アレンジのためにはPCや音楽編集ソフトなどデジタルのノウハウも必須です。

作曲家と編曲家の違い

印税の違い

作曲家と編曲家の大きな違いとしては、印税があります。

編曲家には、作曲家がもらえる印税収入はありません。

編曲の場合はその多くが「一曲いくら」という買い取り方式になっており、編曲した楽曲が大ヒットしたり、映画やドラマの主題歌になったりしても、編曲家の収入はアップしません。

ただし近年ではCDがあまり売れないため、作曲家が受け取る印税よりも、編曲家が受け取る報酬のほうが多いという逆転現象も起こっているようです。

クレジットの違い

編曲家は、基本的に表舞台に出ることはありません。

テレビでアイドルやアーティストが楽曲を披露しても、作詞・作曲はクレジットされますが、編曲者の名前が出てくることはごくまれです。

編曲は楽曲を作る上では非常に重要な部分ですが、作詞・作曲に比べると目立たないという現状があります。

クラシックの世界

クラシックでは、作曲家が作曲も編曲も同時に行います。

そのためクラシックの作曲家になろうという場合、音楽大学や専門学校での高度な教育を受けておく必要があります。

オーケストラ用の曲を仕上げる場合など、何十という楽器の音色や個性、演奏法を熟知して、スコアと呼ばれる何十段もある大きな楽譜にすべての楽器のメロディーを書き込んでいきます。

その際に、高度な音楽的理論や記譜(楽譜を書くこと)の知識が必要となり、感覚や感性のみではクラシックの作曲家はつとまりません。

ヒット業界での作曲と編曲

最近では、作曲家がデモテープの段階でほとんど完成品といってよいほどの音源を作ります。

メロディーも重要ですが、編曲がカッコ良くなければコンペでデモテープが採用されないからです。

そのため昔と違ってメロディーのみしか作ることができない作曲家は淘汰され、人の心を惹きつける新しいサウンドを構築できる「編曲力」がとても重要視されるようになってきました。

かつては高価な専門機材がなくては編曲ができませんでしたが、近年では低価格で簡単にアレンジができる音楽ソフトも増えつつあり、プロでなくても編曲を楽しめるようになりました。

コンペに提出される楽曲も、既に編曲がなされた高レベルなものが多いため、今後は作曲家にも一定の編曲力が求められ、編曲に対する知識やスキルも必要とされていくと考えられます。