落語家の弟子入り方法

師匠を決める

落語家を志した場合、実際に落語家として生計を立てることができるようになるまでには非常に長い道のりが待ち受けています。

またいったん師匠(真打)のもとに弟子入りしたら、別の師匠へと移るのは簡単なことではありません。

生涯の師匠としてついていく人が最初に決まってしまいますので、師匠選びは慎重に行わなければならないでしょう。

そのためまずは数多くの落語に触れることが大切です。

実際にさまざまな寄席(よせ/演芸場)に通って、どのような落語が好きなのか、自分の目指す落語家はどの流派に属しているのか、自分なりに落語の研究をしたほうがいいでしょう。

東京であれば「落語協会」「落語芸術協会」「円楽一門会」「落語立川流」、上方(近畿圏)であれば「上方落語協会」の5団体が代表的な落語の協会として知られています。

流派によって定席(じょうせき)としている寄席もあります。落語の歴史や現状をじゅうぶん把握したうえで弟子入りする師匠を決めましょう。

ツテをたどる

生涯の師匠となる落語家が決まったら、いよいよ弟子入りです。しかし、通常の仕事の求人募集のように「弟子募集」という情報が公開されているわけではありません。

そのためどうにかして落語関係者とつながりをもち、ツテをたどって師匠に弟子入りを志願するという方法があります。

ただこればかりは偶然が重なるようなことでもないとなかなか落語関係者と知り合いませんから、一般の人には難しいかもしれません。

楽屋待ちをする

しかしツテがないからといってあきらめるようでは落語家になることはできません。

生涯の師匠となる落語家の高座(こうざ/舞台)に通いつめ、楽屋の裏口で出待ちをするという方法があります。

非常に勇気が必要ですし、一般のファンにまぎれることになりますから、最初は相手にもされないでしょう。あるいは本気度を試すために何回か断るという師匠もいるようです。

どれほど師匠の落語が好きか、なぜ師匠のもとで落語を学びたいのか、落語家として精進する覚悟がいかに強いかなどを熱く訴えてみましょう。

あるいは手紙に書いて渡すのもいいかもしれません。いつかはその思いが伝わり、見習いの弟子として入門を許可される日が訪れることでしょう。