ピアニストのつらいこと、大変なこと

スランプに陥ったとき

どんなピアニストでも、一度はスランプに陥るときがあります。時期は人によってさまざまです。

たとえば、ある人は音大のピアノ科に進学してから弾けなくなったといいます。

高校生までは、周囲の誰よりもピアノをうまく弾けていたのに、音大に入るとみなが自分と同じか、それ以上に弾くことができ、ショックを受けてしまったとのことです。

また、ある人はプロのピアニストとして活動していたときに、一度ミスをしたことがきっかけで弾けなくなったといいます。自分の演奏力や表現に自信が持てなくなり、回復するまでに時間がかかりました。

ピアノばかり弾き続けていると、つまずいたときに逃げ場がなくなります。できればピアノ以外にも視野を広げ、さまざまな活動をしておくとよいでしょう。

ピアニストはお金がかかる

ピアニストは、お金がかかる仕事です。コンサートを開催しても、プロのピアニストとして集客できる人はほんの一握りです。

多くのピアニストは、観客を集めるために親戚や友人にチケットを配ったり、宣伝してもらったりして、必死に営業活動もしなければなりません。

それでもチケットが売れ残ると、コンサートの開催費用を負担する必要が出てきます。また、コンサート用の衣装も揃えなければなりません。

そのため、ピアニストとしての収入だけでは生活できず、社会人になっても親の支援を受けている人もいます。

仕事が不安定

結婚式やラウンジ、クラブで生演奏をして収入を得ているピアニストも多くいます。人に喜ばれるやりがいのある仕事ですが、定期的な収入にはなりません。

そのため、多くの仕事を掛け持ちしながら、生計をたてる必要があります。

また、音楽教室のピアノ講師をしながらピアニストとして活動している人も多くいます。

ヤマハやカワイなど大手の教室に所属できれば、比較的安定した収入が得られますし、自宅を利用して、ピアノ教室を開くこともできます。

ピアノの先生になるには

ただ、教室を運営するためには事務的な手続きが必要になりますし、生徒を募集するための宣伝活動もしなければなりません。教室が軌道にのるまでに時間もかかります。

ピアニストとしての活動を中心にしたいのであれば、どのような仕事で収入を確保すべきか、よく考えたほうがよいでしょう。