ペットシッターの現状と将来性

まだまだ認知度は高くない現状

近年はペットに関するさまざまなサービスが広がりを見せています。

ペットの毛や爪をカットするペットサロンやペットを一時的に預かるペットホテル、ペット専門の洋服店など、昔はなかったようなペット関係の店も増えてきました。

このようなペットブームのなかで、仕事が忙しいときや旅行で留守をするときにペットシッターにペットの世話を依頼する人も少しずつ増えてきています。

しかし、世間でよく知られているのかと言うと、まだまだそうともいえません。

ペットを飼っている一部の人の中に利用者がいるという程度で、ペットを飼っていても「ペットシッターがどんな仕事をするのかよくわからないから、依頼するには不安がある」という人もいます。

また、ペットを飼っていない人のなかには「ペットシッターという職業は聞いたことがない」という人もいるでしょう。

逆に言えば、これからもっともっと世間の認知度が上がっていくことが期待されている職業でもあります。

世の中が必要とする職業へ

ペットシッターは、実はこれからの世の中にさらに必要とされる可能性に満ちています。

最近では、ペット飼育可のマンションやアパートも増えたため、都会で一人暮らしをしながらペットを飼う人が急増しています。

このような人の場合、仕事や出張で家を空けるときにペットの世話を頼む人が身近にいないことが多いので、ペットシッターが活躍できるチャンスがあるのです。

また、社会の高齢化とともに、ペットを飼うことを楽しむお年寄りも増えてきました。

お年寄りの場合も、体調を崩したり入院してしまったりして一時的にペットの世話ができなくなることも多いので、いざという時にはペットシッターに世話を頼めるようにしておくことが大切です。

さらに、少子化社会の中で子どもを望む夫婦が減っており、子どもの代わりにペットを家族に迎えるというケースも増えています。

夫婦の旅行の際にはペットシッターにペットの世話を託すことができると、生活をさらに楽しむことができるでしょう。

世の中に変化とともに、ペットシッターの仕事のチャンスも増えてきているといっても過言ではないのです。

営業活動や広報に力を入れてビジネスチャンスをしっかり掴むことで、これからどんどん面白くしていくことができるのがこの業界です。