音楽家に向いている人、適性

音楽への情熱を持ち、努力し続けられる

音楽家になるまでには、相当な時間をかけて努力し続けなければなりません。幼少期から厳しいレッスンを続けている人も少なくありませんが、音楽の世界に入るのが遅かったとしても、必死で鍛錬を重ねる覚悟が求められます。

コンクールでは常に順位が付けられ、競争の厳しい世界で上を目指していかなければなりません。音楽への情熱はもちろん大事ですが、このような厳しさについていけるだけの人でなければ、音楽家になるのは難しいと言えます。

強い体力と精神力

誰でも人前に立つのは緊張するものですが、音楽家にはステージでも普段通りのパフォーマンスができるだけの強い精神力が求められます。

また、一流の音楽家になれば海外で演奏をする機会も増えます。日本とは異なる環境で過ごすことになれば、言語や生活習慣の違いでストレスを感じやすくなりますが、それにも負けない身体と心を持っていることが大事です。

根気がある

物事を簡単に諦めてしまうような人は、音楽家には向いていません。音楽家は自分自身と向き合わなければならないことも多く、結果が出ない時、思うような演奏ができない時などは、その場から逃げ出したくなるかもしれません。

しかし、それを自分で乗り越えない限り成功はできないでしょう。壁にぶつかった時、何とか打破しようと根気よく頑張れる人が向いています。

才能とセンス

音楽家という職業はある意味特殊なもので、いくら努力しても輝けずに終わってしまう人もいます。芸術という正解のない世界では、技術だけではどうにもならないこともあるのです。

よく、一流音楽家は豊かな才能を持っていると言われることが多いですが、その才能は持って生まれたものだけでなく、よい指導者に巡り会うことで開花できることもあります。

まずは、自分の可能性を発揮できる方法や場所を見つけることが大事と言えるでしょう。