救急救命士の仕事内容

救急救命士の仕事内容は? 救急救命士は、救急車に同乗し、病院までの搬送中に心肺停止などの緊急事態が起こったときに、医師の指示の下で救急救命の処置を行う仕事です。 具体的には、「心肺停止状態の傷病者に適切な応急処置・蘇生処 … 続きを読む

看護師と救急救命士の違い

とくに女性の場合、「看護師」と「救急救命士」のどちらに就くのかで迷うことがあるようです。 ここでは、看護師と救急救命士で、そもそもどういった違いがあるのかを紹介します。 仕事内容、役割の違い 看護師の最も基本といえる仕事 … 続きを読む

救急救命士の一日

救急救命士の勤務形態は? 消防署がおもな勤務先となる救急救命士は地方公務員として働くため、勤務形態は各自治体によって異なりますが、多くの場合「24時間勤務」となっています。 24時間勤務では、休憩と仮眠の時間が合計して6 … 続きを読む

救急救命士の特定行為とは

救急救命処置が制限される場合 救急救命士は、一刻一秒を争う現場に出動して人の命を救うために力を尽くします。 重体の傷病者の命を救うためには、できる限りの施術を行う必要がありますが、気管の挿入や薬剤の投与といった医療行為は … 続きを読む

救急救命士の現状と将来性

救急救命士の需要 ほとんどの救急救命士は消防署に勤務し、119番の通報を受けて早急に現場まで向かいます。救急車の出動件数は全国で年間500万件以上といわれており、年々その件数は増加の一途を辿っています。 急病だけでなく火 … 続きを読む

救急救命士のやりがい

人の命を救うことができる 救急救命士にとってのやりがいは、何といっても傷病者の命を左右する現場に立つことでしょう。 人の命を助けるという現場では、他の仕事では到底あり得ない大きなプレッシャーを感じますが、全身全霊をかけて … 続きを読む

救急救命士のつらいこと、大変なこと、苦労

不規則な勤務形態になりがち 救急救命士は、医療従事関係の仕事のなかでも勤務体系が特殊といえる部類の仕事です。 まず、他の仕事と比べて勤務時間が長く、基本的には「24時間勤務」となっています。もちろん、ずっと働き通しという … 続きを読む