救急救命士に向いている人、適性

「人を助けること」への強い気持ち

救急救命士の仕事は、医療に関わる仕事のなかでもハードなものであり、その割に給料が特別高いというわけではありません。

したがって、「安定した医療業界で働いてお金を稼ぎたい!」という思いが強い人には、あまり向いていないかもしれません。

たしかに、救急救命士になれば公務員として安定して働き続けることができ、さらに自治体によっては個人寮・家族寮も完備されてはいるなど、手厚い待遇があります。

しかし、不規則な勤務体系と、人の命を扱うプレッシャーの大きさに耐えられずに離職してしまう人もいます。

ですから、純粋に「人の命を助けたい!」という気持ちが強い人が一番救急救命士に向いているといえるでしょう。

医療業界に興味があるだけでなく、「看護師でも医師でもなく、救急救命士でなければダメ」という意思が大切です。

強靭な体力と精神力

救急救命士は基本的に24時間勤務の体制を取っています。

途中で仮眠休憩などの時間が設けられてはいるものの、通報の際にはすぐに出動する必要があるため、十分に睡眠が取れないことも日常茶飯事となります。

そのため、すぐに体調を壊してしまうことのないような強靭な体力が求められます。

同時に、何よりも大切なのは心肺停止状態といった一刻を争う状態の傷病者の人を前にしても、冷静さを保つ精神力を持つことです。

救急救命士は大きな事故などの際には必ず現場に駆けつけます。なかには凄惨な現場も少なくなく、目を覆いたくなるようなこともしばしばあります。

そうしたときにパニックに陥らず、自分がすべきことを冷静に行うことができる精神面のタフさは、この仕事を続けるうえで不可欠なものとなります。

現時点であまり体力、精神力に自信がなくても、心身共に少しずつ強くしていく努力ができる人に向いているといえるでしょう。

勤勉さ、誠実さ

救急救命士は、十分な医療に関する知識と、医療機器を扱う際の技術を持っていなくてはなりません。

救急救命士国家試験を突破するために必要な知識や技能だけでなく、日々の業務や出動のなかで経験を積み、勉強を重ねる勤勉さも必要になります。

人の命にふれる救急救命士は、常に緊張感を持って業務を遂行しなくてはなりません。

いい加減な気持ちでは絶対に務まらない仕事だからこそ、真面目で、誠実な人にこそ向いている仕事だといえます。