アニメの脚本家の仕事

アニメ業界、アニメ脚本家の現状

アニメは日本が誇るべきエンターテインメントです。

子どもをターゲットにアニメが制作された時代から大きな進化を遂げ、現代では大人が見ても納得できる、感動できるストーリーが求められるようになりました。

そんな中、他ジャンルの脚本家やベストセラー作家がアニメの世界に参入するケースが増えてきています。

アニメ映画「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」では、テレビドラマからのスピンオフ映画「相棒シリーズ X DAY」でも脚本を手がけている櫻井武晴氏が起用され話題となりました。

一方、俳優や監督がクローズアップされる映画やドラマと異なり、ストーリーやセリフが重視されるアニメ作品に対する評価は、脚本家に集中してしまう傾向にあります。

ドラマ化、映画化された作品を見た原作のファンが「原作と違う」などの酷評を書き込んでネットが炎上するケースも多々あり、アニメ業界では脚本家志望者が減ってきているのが現状です。

このように、より高度なスキルが求められていながらも、志望者不足が深刻なアニメの脚本家。日本のアニメのクオリティを維持するためにも、チャレンジする人が増えることが望まれています。

アニメの脚本家の仕事とは

アニメ制作は、監督と脚本家が協力してプロット(あらすじ)を考えるところから始まります。

原作がある場合は原作に基づきますが、一部を切り取るのか、全体のストーリーをかいつまむのかでもまったく異なる作品になります。

プロデューサーのチェックを受けながらプロットを決定し、そこへストーリー展開やキャラ設定を肉付けしていき、シナリオ(脚本)を執筆します。

やっと書き上げても、プロデューサーと監督のチェックにより書き直しが発生するのは日常茶飯事。数回の修正を繰り返し、やっと決定稿となるのです。

また毎週放送されるテレビアニメのように話数が多い作品では、プロットの複数話版ともいえる、シリーズ全体の流れを決めるためのシリーズ構成を作った後、シナリオを書いていきます。