航空管制官の仕事内容

「空の交通整理」をする仕事 航空管制官は、航空機が安全に離着陸し、他の飛行機にぶつからずに空を飛べるように指示や情報をパイロットに伝える仕事です。国土交通相に所属する国家公務員となります。 上空にはたくさんの飛行機が同じ … 続きを読む

航空管制官の役割

離陸も着陸も航空管制官が許可を出す 自由自在に空を飛んでいるように見える航空機ですが、実は航空管制官の指示無しには離陸も着陸もできません。 空港の滑走路では次々と航空機が離着陸をするため、きちんとその順番を決めないと滑走 … 続きを読む

航空管制官の魅力

社会に貢献できる仕事 遠い場所までも短時間で移動できる航空機は、電車やバスと同じように、もはや私たちの生活になくてはならないものです。航空機が安全に空を飛べるのは、もちろん技術の進歩によるところが大きいですが、それだけで … 続きを読む

航空管制官の現状と将来性

専門職ならではの安定性 国家公務員である航空管制官は、安定性抜群の職業と言えます。もしこの先、航空業界に多少の変動があったとしても、高度なシステムを扱うことは航空管制官にしかできません。 今後も機械化が進むことは考えられ … 続きを読む

航空管制官のやりがい

自分の指示が上手くいったとき 航空管制官は、レーダーを見ながら各航空機が「どのようなルートを飛んでいるのか?」「きちんと安全に飛べているのか?」などを細かくチェックします。 もし機体がほかの航空機と近付きそうになれば、パ … 続きを読む

航空管制官の苦労

英語の勉強 航空管制官とパイロットの通信はすべて英語で行われるため、嫌でも毎日英語を使わなければなりません。もともと英語があまり得意でない人は、航空管制官になってからも必死で勉強をしているそうです。 せっかくそれ以外のス … 続きを読む

航空管制官は大変?

同時に10機以上の航空機を担当する レーダールームの航空管制官は、同時に10機以上の航空機を担当して、それぞれのパイロットに指示を出すのだそうです。ときには20機ほどを担当することもあるのだとか。 レーダールームには、直 … 続きを読む