国税専門官の勤務地と転勤

国税専門官の勤務先は?

国税専門官は、国税専門官採用試験に合格した後、全国に12ある「国税局」に採用され、その局の管轄内の税務署に配属となります。

勤務先となる税務署は全国に多数あります。

たとえば関東の場合、東京国税局の管轄は東京都、千葉県、神奈川県、山梨県の4都道府県で、その税務署の数は合計で84箇所にものぼります。

希望の勤務地に配属される?

国税専門官の勤務先は最終的に国税局が決定しますが、研修や面接の際の本人の希望をできる限り考慮する傾向があります。

ただし、各税務署や税務局が募集している人員の数はバラつきがあるため、必ずしも希望の通りに配属されるとは限りません。

配属にともなう引越しの可能性を気に留めておく必要はあるでしょう。

とはいえ、たとえば大阪が本社の企業に就職したら配属先は北海道であったなど、民間企業にしばしば見られる転勤の極端なケースは国税専門官の場合には少ないようです。

あまりにも自分の本拠地から離れた勤務先にはなりにくいといわれています。

国税専門官の転勤の実情

国税専門官は基本的には各自治体の国税局に所属しており、その管轄内の税務署で勤務しています。

そのため、転勤になる場合でも、関東では東京国税局、近畿では大阪国税局といったように、管轄内での異動がほとんどです。

しかし、税務署で何年か勤務した後、各国税局や国税庁等に転勤する場合もあります。

なお、転勤のサイクルは通常3~5年といわれていますが、これより短くなる場合も、長くなる場合もあります。

海外勤務の可能性も

国税専門官は、意欲や適性、能力等に応じて海外勤務のチャンスもあります。

実際、アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、中国、シンガポールなどに国税専門官が赴任しており、おもに海外税務情報の収集などの事務を行うようです。

そのほか、領事館や国際機関等でも活躍することができます。