国税専門官の高卒と大卒の違い

税務行政職員の高卒・大卒

公務員には、高卒、短大卒、大卒と、ほぼすべての学歴の人がなることが可能です。

しかし、税務署や国税局などで行う「税務行政」については、その業務内容の専門性に沿って以下のように採用区分が設けられています。

国税専門官採用試験

高度な税の専門知識や経験が必要とされる国税専門官になるには、「国税専門官採用試験」に合格し、採用される必要があります。

試験の受験資格で学歴は問われませんが、採用は「21歳以上」であることや、筆記試験の難易度などから、大卒の受験者が多くなっています。

この試験は、筆記試験のほか、人物試験と身体検査で構成されています。

税務署職員採用試験

「税務署職員採用試験」は、高卒の受験者が多い試験です。

この試験では、基礎能力試験、適性試験、作文試験などの筆記試験のほか、人物試験と身体検査が実施されます。

→→税務職員の仕事

国税専門官と税務署職員の仕事の違い

国税専門官採用試験、税務署職員採用試験のいずれの採用ルートであっても、仕事内容は基本的に同じです。

少しわかりにくいかもしれませんが、国税専門官も「税務署職員」の一種であり、国税専門官試験合格者も税務署職員採用試験合格者も、一定の研修期間を経て国税専門官となります。

両者の違いとして、税務署職員合格者の場合は、国税専門官合格者よりも研修期間が長くなっていたり、他の役職になるための試験が多いという違いがあります。

言い換えれば、高校を出てすぐ税務署職員採用試験を経て就職した場合には、同じ年齢の大卒の人よりも早く現場に出るため現場経験が豊富となります。

給与面では高卒・大卒どちらが有利?

国税専門官、税務職員は共に国家公務員であるため、国家公務員の「税務職俸給表」に沿って給与が支給されます。

そこでは学歴によって差がつけられており、仮に、大卒の国税専門官と高卒の税務職員の勤務年数が同じ場合、大卒のほうが給与額は多くなります。

国税専門官の給料・年収

なお、税務署職員はかつては高卒を中心として採用をしていたため、上の世代は高卒者の比率が多くなっています。