獣医師に向いている人、適性

獣医師は、専門知識や技術を必要とされる仕事です。なるためにはしっかりと勉強を続けなくてはなりませんが、同時に適性も考えておく必要があります。

ここでは、獣医師に向いているのはどんな人かを紹介します。

動物に対する愛情と冷静な心を持てる人

獣医師は、当然ながら動物のことを深く知っていなくてはなりません。幅広く、深い専門知識が求められる仕事だからこそ、自分で勉強を続け、突き詰めていく姿勢が不可欠です。

また、「犬だけが好き」「猫だけが好き」ということではなく、動物全般について興味を持てることも大切です。

もちろん、動物への「愛情」も必要です。しかし、感情移入し過ぎるのもよくありません。獣医師はたくさんの動物と接し、時にはどう最善を尽くしても助からないなど、つらい思いを味わうこともあります。

そんな時に落ち込んでしまって立ち直れないようでは、仕事を続けるのすら難しくなる可能性もあります。

動物を愛する一方で、現実に冷静に対処できる精神力もなくてはなりません。

勉強・研究熱心である人

難易度の高い獣医師の大学に入学し、6年間という長い時間をかけてしっかり学び、卒業するためには、勉強熱心であることが必要です。

さらに、就職してからも専門知識が要求される職業であるため、勉強嫌いの人にとっては厳しいものがあるでしょう。

現場で先輩たちから学ぶ一方、自分自身で勉強や研究を続けるなど、「常に動物たちのために努力を惜しまない」人であることが望まれます。

体力がある人

獣医師は頭を使うばかりでなく、体力も必要な仕事です。仕事では、大型の動物の体を持つこともありますし、動物病院では急患が入ると休みなしで勤務を続けなければいけないこともあります。

あまり体力に自信がない人は、今のうちに体を動かすなどして体力をつけておきましょう。

人間と接するのも苦でない人

動物病院に勤務する場合には、飼い主とのコミュニケーションも大切になってきます。ペットは飼い主にとって子どものようなものです。

飼い主の気持ち、要望を汲み取り、親身になって治療法を考えることが必要になります。

動物病院以外でも、他の仲間と一緒に働く場面は多々あります。「動物は好きだけれど人間は苦手」という人では、仕事をするうえで少々難しいものがあります。

人と積極的にコミュニケーションをとって、人付き合いに慣れておくことも大事です。

専門的に掘り下げられる人

獣医師は、高度な専門知識が要求される世界です。

何にでも手を出してすぐに飽きてしまう人よりは、たとえばスポーツや部活動など、学生時代一つのことに打ち込んできたり、誰にも負けない知識があるといったような、少々こだわりのある人の方が向いているといえるでしょう。

柔軟な発想と適応能力を持てる人

動物は、体調がどんなに悪かったり、異変が起こったとしても、自分の言葉で伝えることはできません。そんな動物たちのSOSのサインを見逃さない洞察力や、とっさの判断ができる発想力も必要です。

そして、動物であっても生き物ですから性格もバラバラ。そんな時に、「お前はこういうタイプの犬なんだね」と柔軟な対応ができる人がいいでしょう。

「本に犬の性格がこういうふうに書いてあったからこの犬はおかしい犬だ」など、自分の頭で勝手に決めつけてしまうようでは困ります。

もちろん、ひとことで獣医師といってもさまざまな性格の人がいます。ここに挙げた性格でなくても、目標を持って努力し続けられる人であれば、きっと活躍できるでしょう。

駆け出しの頃は、給料と仕事の量や厳しさがマッチングせずに嫌になることもあるかもしれません。

しかし、そうした状況においても、動物のことが好きで守りたいといった気持ちや、仕事に対してやりがいを持てるよう努力できる人が、最終的には獣医師として長く活躍しています。