自動車整備士の仕事内容

自動車のメンテナンスや修理を行う

自動車整備士は、不具合箇所を抱えた自動車の診断や修理、また定期的なメンテナンスや調整、分解や組立などを専門的に行う技術を持った人のことをいいます。

仕事には自動車整備士の国家資格が必要となり、この資格は3級や2級などの等級別に分かれているほか、扱う車種別にもガソリン、ディーゼル、シャシ、二輪といったように分かれています。

多くの整備士はカーディーラーや自動車整備工場に勤めていますが、近年では修理を引き受けるガソリンスタンドや車検を専門とする工場、塗装修理を行うペイントショップなども登場し、整備士の活躍の場は拡大しています。

仕事内容

自動車整備士の仕事は、大きく分けて「点検整備」「緊急整備」「分解整備」の3つがあります。

<点検整備>
目に見えたトラブルはなくても、自動車は走行距離や経年で少しずつ部品などが劣化していきます。

そのため定期的に点検を行って、消耗した部品の交換やチェックを行うことが求められており、いわゆる「車検」がこれに当たります。事故を未然に防ぐためには欠かせない整備です。

ベルト類やブレーキの摩耗、オイルの状態など、検査項目は多岐にわたります。

<緊急整備>
運転中に突然エンジンがかからなくなってしまった、衝突事故に遭って車体が破損してしまったなど、急を要する事故や故障による整備・修理を行うことをいいます。

エンジンや電気系統などを点検し、修理箇所を特定します。部品の交換や分解などを行い、車が安全に走れるように修理をします。整備工場で修理ができない場合にはディーラー(自動車メーカーの販売店)に修理をまわします。

衝突事故は予期せぬアクシデントであることがほとんどですが、その他のトラブルに関しては、点検整備を行うことで防げるといわれています。

<分解整備>
「オーバーホール」ともいわれる作業です。エンジンやミッションなど、自動車の中でも特に重要で機械的な部品を分解し、故障した部分を見つけて整備します。

きわめて高度な技術を要するため、分解整備を行えるのは、国から認可を受けた「認証工場」や「指定工場」のみとなっています。

直すだけが仕事ではない

自動車整備士は、身につけた専門技術を使って的確に自動車を修理していきますが、持ち主であるお客さまにわかりやすく不具合箇所や状況を説明したり、トラブルを起こさないためにアドバイスを行ったりすることも大事な仕事です。

また、ときには依頼者の要望により車にカーナビなどのオプションを設置したり、装飾を行うこともあります。常にお客さまの立場にたち、サービス精神を忘れずに働くことが求められます。