JETRO職員のやりがい、魅力

日本と世界を繋ぐダイナミックな仕事

JETROでは日本の中小企業の海外進出、また海外企業の日本進出のサポートを行っています。海外展開のノウハウのない企業の市場調査や販路開発を支援し、実際にある企業が海外進出・日本進出に成功したときの喜びは非常に大きいでしょう。

また、地方自治体と海外企業のマッチングも行っています。地方自治体にとって海外企業の招致は、雇用の創出と税収のアップが見込めるため、JETROのこの取り組みは日本の地域社会経済への貢献度が高いと言えるでしょう。その貢献度に比例して、マッチング案件を担当するJETRO職員のやりがいも大きいのではないでしょうか。

国際経験を豊富に積めるのが魅力

個人のキャリアプランの面では、国際経験を豊富に積めるのが魅力と言えます。総合職に限りますが、JETROは非常に転勤が多い職場で、日本と世界合計100か所以上の事務所への転勤があり得ます。毎年配属希望が出せ、一度赴任すると3年間ほど駐在するのが通例とのことです。

国際経験を積極的に積みたい人にとっては、世界の様々な地域、国で活躍し、コネクションを作れる素晴らしい職場環境と言えます。

職種や配属先によって異なるやりがい

JETRO職員には総合職と一般職、またJETROアジア経済研究所での研究職があり、一般職については東京と千葉のみが勤務地になります。そのため、業務を通して国際経験を積みたい人には、一般職は物足りないかもしれません。

また、総合職が東京本部に配属されると、部門によっては仕様書作成や入札手続き、関係機関への根回しなどの書類仕事に忙殺されると言います。反対に、地方事務所や海外事務所では、企業や地域とのコミュニケーション、ネットワーク作りなど、JETROのイメージに即した業務に関わることが多く、仕事の魅力ややりがいを感じやすいという声があります。