JETRO職員の仕事内容、役割

JETROとは?

JETROの正式名称は、独立行政法人日本貿易振興機構です。英語表記「Japan External Trade Organization」の頭文字をとってJETROと略されます。日本企業の海外展開支援、対日投資・外国企業誘致の促進を軸に、日本経済のグローバル化と発展を支援する役割を担う機構です。

また、JETRO併設の「アジア経済研究所」では、アジア地域の経済や地域特性を研究・調査することで、日本政府の経済・貿易政策や、JETRO事業内容の決定を下支えしています。

日本企業の海外展開支援

日本ではたくさんのユニークな商品が生産されています。国内の小規模業者には海外輸出のノウハウもコネクションもないことが多いです。

JETROは、海外展開を希望する製造業の中小企業に、海外市場開拓支援を行っています。商談会や海外展示会の開催を通じた販路開拓サポートや、海外進出に伴う諸手続きの無料相談やアドバイスを行っています。

その延長として、「輸出有望案件支援サービス」も立ち上げており、所定の審査を通過した中小企業には、専門家による継続的な支援、海外業者との契約締結、知的財産権の保護までを一環してサポートしています。

対日投資・外国企業誘致

JETROは海外企業の日本展開を促進する役割も担っています。各地域の海外事務所が媒体となって、外国企業に対日投資・進出の魅力を伝えるセミナーを開催したり、日本の地方自治体と外国企業のマッチングサポートを行っています。

農林水産物の輸出の促進

海外での和食ブームも手伝って、日本産の農林水産物には世界から熱い視線が注がれています。JETROは、日本の農林水産物・食品生産者が、効率的に商品を輸出するためのサポートに力を入れており、農林水産物・食品輸出に関する各種勉強会・セミナーを多数開催しています。

また、世界各国での食品展示会に、日本の生産者が出展する手引きも行っています。商品に対する海外の反応を生産者に肌で感じてもらい、ニーズの有無や改善点を認識してもらう狙いがあります。

海外市場の調査と研究

JETROは世界の70か所以上に海外事務所を構えており、そこでは当該国や地域の経済や産業動向、輸出入に関連した法律などの調査や研究を行っています。この調査や研究が、政府が諸外国と経済連携協定や貿易協定を締結する際の参考資料となります。

また、そういった調査・研究のデータは、一般企業の海外展開促進のため、国内外の政府や関連機関への政策提言としても使用されます。

このように、JETROは日本の産業を海外市場や外国企業と結びつけ、経済の発展に貢献する役割を担っています。