ホテルスタッフの勤務時間・休日

現場での勤務は「シフト制」

ホテルは24時間、365日営業しています。そのため、どの時間帯においてもスタッフが誰もいないということは避けなければなりません。

もちろん、ディナー営業のレストランであれば午後から夜までの勤務となるように、決まった時間帯のみでの仕事をする場合もあります。ただし、フロントやルームサービス担当、電話のオペレーターなど、ホテルでの仕事は24時間を交代で勤務するものが多いと考えておきましょう。

シフトについて

シフトは、だいたい「三交代制(早番・中番・遅番)」をとっているホテルが多いようです。1日の勤務は実働7〜8時間程度ですが、仕事内容によって異なる場合もあります。各ホテル(会社)の勤務体系に応じて働きます。

三交代制を基本として、何日かに一回は宿泊を伴う「夜勤」が入るのが一般的のようです。どうしても不規則な生活にはなりがちですが、家庭の都合など「どうしても」ということがあれば、状況によってシフトの希望を聞いてもらえることもあるようです。

休日

休日は週休二日制が基本。お客さまは週末に集中するため、平日に休日をとることが多いです。また、年末年始やGW、お盆など世間が休みの時期はホテルの繁忙期ですので、スタッフが長期休暇をとるのはほぼ無理と言えます。

そのほか、各ホテルの定めにより有給や産休、特別休暇などが取得できます。

なお、営業や広報、経理などの管理部門では、一般の会社員と同様に土日祝を休日とし、月曜日から金曜日の9時〜17時半といった時間帯で働くのが一般的と言われています。ただし、ホテルで季節事のイベントなどが実施される場合には、休日出勤となる場合もしばしばあるようです。