ホテルスタッフは高卒が多い?



高卒のホテルスタッフは多い?

大手外資系ホテルでは、高卒生の採用試験を実施していない場合があります。

ただし、シティホテルや独立系のホテル、地方のホテルなどでは、高卒でも毎年定期的に採用を実施することも多くあるので、高卒でホテルスタッフを目指すことも可能です。

専門学校や大学を卒業したスタッフも多いですが、一部のホテルを除いては学歴をさほど重視しないため、高卒のスタッフも少なくありません。

新卒では大卒を条件としているような大手ホテルでも、中途採用では学歴よりも実務経験を重視するところもあるため、高校卒業後いったん別のホテルに就職し、経験を積んでから大手ホテルに転職するのも一つの方法です。

ホテルスタッフは現場で働くことで成長できるので、若いうちにホテルスタッフを目指すことは、キャリアアップの面でもメリットが大きいといえます。

高卒のホテルスタッフの仕事内容

高卒の場合も専門学校・大卒の場合も、未経験や新卒からホテルスタッフになる場合、まずはさまざまな業務を経験することになります。

配属先は宿泊部門や宴会部門、レストランなどさまざまで、現場経験を積みながら仕事を覚え、数年間経ったら異動となることが多いです。

一般的なホテルスタッフのキャリアパスでは、5〜10年ほど多部署で実務を経験したのち、専門的な業務の知識を持つ「スペシャリスト」と、管理部門やマネジメントなどに携わる「ジェネラリスト」のどちらかの道に進みます。

高卒の場合は、総務や営業といった管理部門に異動することはあまりなく、宿泊部門や飲料部門のスペシャリストとして活躍する人がほとんどです。

高卒のホテルスタッフの採用試験

高卒のホテルスタッフの採用試験では、他の業種と同じく、一般常識問題や作文などの学科試験に加えて面接をおこない、総合的に合否が判断されることが多いです。

大学や専門学校卒の場合とは異なり、どのような科目を勉強してきたかよりも、遅刻や欠席の頻度、授業態度を重視する傾向があります。

遅刻などが多いからといってすぐに落とされるわけではありませんが、勤務態度の判断材料として見られる場合もあるので、自己PRでは理由をしっかり伝えることが大切です。

学業のほかにも、部活でチームワーク力を発揮した経験や、アルバイトでの接客経験があれば積極的にアピールしましょう。

高卒でもっとも大切なことは「熱意」

高卒の若者が、すぐに社会に出てホテルスタッフになろうという決意をすることは、決して簡単なものではないはずです。

学歴の面では大卒にかなわなくても、高卒の採用試験の場合、意欲や前向きさなど「人柄」が重視されることが多いといわれます。

特別に、ホテルに関しての詳しい知識を持っている必要はありません。

ただ、部活動や習い事など何かこれまでの人生でがんばったと言えることがあれば、面接試験の際に自信を持ってアピールできるでしょう。

また、英語の能力はプラスに評価されることもあるので、高校在学中に英検やTOEICの試験を受けておくことも有利に働くでしょう。