女性のホテルスタッフのキャリアパス・結婚後の生活



女性のホテルスタッフの現状

ホテルスタッフは従来「ホテルマン」と呼ばれることが多く、男性の職業というイメージも強いかもしれません。

しかし、実際のホテルには女性スタッフもたくさん活躍しているため、最近では「ホテルスタッフ」と呼ばれたり、フランス語の「ホテリエ」という名称が使われたりしています。

ホテルスタッフの男女比は職種によっても違いがありますが、女性の割合のほうが少し高いことが多いようです。

フロントやハウスキーパーに女性スタッフが多いホテルも珍しくなく、女性が就職しにくい業種ではないといえます。

ドアマンやベルボーイといった一部の職種には男性スタッフが多いものもありますが、女性だと就くのが不可能というわけではありません。

とくに外資系の大手ホテルではマネジメント職にも積極的に女性を登用しており、今後そういった動きはホテル業界全体に広がっていくでしょう。

女性のホテルスタッフの強み・弱み

きめ細やかな気配りができる人が多い

一般に、女性は男性よりも細やかな気配りが得意だと見なされることが多いです。

もちろん一概にはいえませんが、一つの物事に集中する能力が高い男性に対し、女性は周囲のさまざまな事象に注意を払うのに長けているといわれます。

ホテルスタッフはお客さまへの気配りを通しておもてなしを提供する仕事なので、採用時に女性を優遇するホテルもあるようです。

実際にホテルを訪れてみると、フロントやハウスキーピングなどの現場スタッフには女性が多いことに気がつくでしょう。

体力面でつらいと感じる可能性も

ホテルには女性スタッフが多い一方で、女性だからこそつらいと感じることもあります。

勤務時間や休日が不規則で、お客さまの要望によって残業が発生しやすいホテルスタッフの仕事は、ハードなことで知られています。

体力がなければ続けるのが難しい業種でもあり、体力面で男性に劣ってしまう女性の場合、厳しさを感じやすいかもしれません。

ただし、スタッフの数が充実した大手ホテルや、残業が発生しにくいアルバイトとして働くのであれば、解消される悩みだといえます。

ホテルスタッフの結婚後の働き方・雇用形態

ホテルスタッフは全業種の平均に比べて離職率が高い職業です。

いつも笑顔で接客をする華やかなイメージがありますが、実際には勤務が不規則で労働時間が長く、仕事量が多いハードな仕事です。

そのため、結婚後の妊娠や育児を機に辞めてしまう女性も少なくありません。

しかし、ホテルによっては結婚後にも働けるようシフトの相談ができたり、チェーン展開するホテルであれば、パートナーが勤務する土地へ異動ができたりと、希望の働き方を聞いてくれるところもあります。

また、正社員で働き続けるのが難しい場合は、アルバイトやパート、派遣社員になる方法もあります。

現場の責任を負うため勤務時間が長くなりやすい正社員とは異なり、時給での勤務になると残業が発生しづらく、より柔軟な勤務が可能となるでしょう。

ホテルスタッフは子育てしながら働ける?

女性のホテルスタッフのなかには子育てをしながら働いている人もいます。

比較的シフトの融通が利きやすいアルバイトやパート、派遣社員であれば、保育園への送り迎えの前後で勤務をしたり、休日の希望を出したりしやすいでしょう。

正社員のスタッフとして働きながら子育てをすることも可能ではありますが、ホテルスタッフは労働時間が長くなりがちな職業です。

お客さまの要望や都合によって業務内容が変わったり、人手不足により一人当たりの業務量が多くなったりするため、いつも決まった時間に出社・退社ができるとは限りません。

子育てをしながら正社員のホテルスタッフとして働き続ける場合、勤務先の理解とパートナーとの協力は不可欠だといえます。

ホテルスタッフは女性が一生働ける仕事?

ホテルスタッフは基本的にハードな職業であり、働き続けるには体力が必要です。

ほとんどのホテルでは女性が長く働ける制度を整えていますが、日勤と夜勤を繰り返しながら立ちっぱなしで勤務する現場の仕事は、年齢が上がるにつれて厳しく感じるかもしれません。

フロント係やコンシェルジュ、ウェイター・ウェイトレスなどの現場スタッフとして経験を積んだのち、マネジメントや経営に携わる管理部門に異動をすれば体力面は気にならないでしょう。

ただし、実際にはキャリアを重ねる前に結婚や出産のタイミングで離職してしまう女性が多く、一部の外資系ホテル以外はたとえ働き続けても管理職へ登用されにくいというのが現状です。

しかし、ホテルスタッフはお客さまの喜ぶ顔や、「ありがとう」の声を一番近くで感じられる、とてもやりがいのある仕事です。

接客が好きだという気持ちとお客さまを喜ばせたいという熱意さえあれば、女性がいつまでも活躍できる職業だといえるでしょう。