ホテルスタッフのやりがい・楽しさ・魅力



ホテルスタッフのやりがい・楽しさ

お客さまからの「ありがとう」

現役のホテルスタッフに「仕事でもっともやりがいを感じるのは?」と聞いてみると、みな口を揃えて「自分のサービスにお客さまが満足してくれたとき」と答えます。

顔を合わせて直接「ありがとう」と言っていただけるのは、この仕事ならではの喜び。

ときにはクレームや難しい要望など大変なことも多々ありますが、「ありがとう」の一言がホテルスタッフの力となり、さらに極上のサービスを提供するために日々頑張っていけるのです。

変化に満ちた日々

毎日訪れるお客さまも違えば、起こる出来事も違うホテルでの仕事は、とても変化に満ちたものになるでしょう。

変化があるというのは大変なことも多いですが、いつもフレッシュな気持ちで仕事に向き合えるということでもあります。

また、ホテルスタッフは数年単位で異動になることも多いです。

さまざまな現場経験を積みながら、一流のホテルスタッフになるための知識やスキルを幅広く身につけていけることもやりがいのひとつだといえます。

語学力を生かすことができる

近年、日本へ観光に訪れる外国人の数は急速に増えています。

いろんな国からさまざまな目的を持った人が日本を訪れるため、シティホテルに限らず、今やビジネスホテルやリゾートホテル、カプセルホテルなどでも外国人のお客さまが目立ちます。

また、海外のホテルチェーンが日本へ新規参入するなど、ホテルスタッフの活躍の場はさらに広がるでしょう。

語学が得意な人や、留学などを経験して国際感覚に自信がある人にとっては、自分のスキルを最大限に生かせる楽しさがあります。

「自分らしさ」が追求できる

お客さまへ「サービス」をするといっても、人によってやり方は異なります。

もちろん、ホテルに入社すれば一般的なマナーなどの訓練は行われますが、それはあくまでも現場に立つために最低限必要なこと。

日々の仕事の中で、お客さま一人ひとりにふさわしいサービスをどのように行うのかは、スタッフ一人ひとりが頭を使って考え、行動する必要があります。

そのように考えながら仕事を続けているうちに、自然と「自分らしい」サービスができるようになっていくでしょう。

ホテルスタッフは、お客さまの反応を感じながら成長し続けていくことができる、とてもやりがいのある仕事です。

ホテルスタッフの仕事内容

ホテルスタッフの魅力

人間同士の関わり合い

ホテルでスタッフとして働く魅力のひとつは、この仕事を通じてたくさんの人と出会えることです。

それまでの人生ではまったく関わりのなかった人たちとも出会うことができ、人とコミュニケーションをとることの楽しさや、やりがいを改めて感じられるでしょう。

また、お客さまと信頼関係を築ければ、「スタッフ」と「お客さま」という枠を超えて、人間同士の深い絆が生まれる可能性もあります。

人の大切さ、温かさを実感することができる仕事です。

人々にとってなくてはならない場所

ホテルは宿泊だけでなく、宴会や結婚式、ビジネスの商談、法事…など、さまざまな目的で利用されます。

いずれの場合でも、ホテルは人々にとって「大切な時間」を過ごすための場所です。

そのような場所で働き、お客さまに心地よく過ごしていただくためのサービスを提供していると、自分が世の中の役に立っているのだということが感じられます。

自分自身を高めていける

ホテルスタッフになると、厳しい研修が待っています。

特に叩き込まれるのは、マナーに関することです。

正しい言葉遣いや美しい立ち姿、表情の作り方など、ホテルスタッフにふさわしい振る舞いが自然とできるようになるまでは、大変だと感じることもあるかもしれません。

しかし、これらのことは日々仕事をしているうちに、いつの間にか染み付いてくるものです。

自分の意識の変化や熱意は、お客さまにも伝わるものです。

そしてお客さまに喜んでもらえることで、またがんばろうと思える。

サービスに終わりはありませんが、常に自分自身を高めていこうという気持ちになれる仕事です。