回答者:にいにいさん(男性/41歳)

職業名:編集プロダクション 編集者・記者・ライター / 現在の状態:経験者 / 経験年数:15年

仕事内容
物を作る仕事をしたいと思い、新卒で東京のとある出版社に勤めることができましたが、職種は営業でした。

2年ほど経験した後、かねてから希望していた編集制作の仕事をするため、編集プロダクションへ転職しました。

10年以上前の話になりますが、パソコン関係の書籍や雑誌・ムックがそこそこ売れていた時代でもあり、当時はパソコン関係の編集・執筆を多くやりました。
仕事のやりがい
自分の作った本が実際に本屋に並ぶことです。

編集者やライター名義で自分の名前が記載された時は嬉しかったです。

長年この仕事をやっていると、ライター宛に熱心な読者から感想が来ることがあります。

辛口な意見を含まれていることも多々ありますが、全体的には好意の感想と受け止められるもので、やる気が出たものです。
覚悟しておいた方がいいこと
昔は紙媒体の出版のノウハウのみでやっていけましたが、需要がWebに流れてきています。

Webの知識や経験は必要だと思います。

とにかく体力勝負なところも覚悟しておいた方がいいです。

若い内は良くても、30代、40代にもなると恐ろしいくらい体力が落ちてきます。

この仕事は、続けていればそれなりに技術は身に付きます。

それよりも続けられる才能の方が大事かもしれません。
給料・待遇
給与は会社によってまちまちだと思います。

業績の良くない会社に入るとほとんど給与額も低く、昇給も期待できません。

一番初めに入った編集プロダクションでは、「初心者が勤めてみて、勉強するにはいい会社」といわれました。

その意味は、「待遇は悪く、実労働時間も長いけれど、仕事の量はこなせるので、他の会社へ転職するための足がかりになる」ということだったと思います。
この職業の恋愛・結婚事情
特殊な業界のため、変わった人も多いです。

私は同業者と恋愛はしないと決めていました。

仕事が忙しいため、恋愛する余裕がなかったのと、妻子持ちの上司などは、家庭との両立が大変そうでした。

ただ、フリーに転向して順調な人は、子供の学校行事には必ず出席するというように、順風満帆に見える人も多かったです。
この職業を目指す人へのメッセージ
長く続けるための体力が基本だと思います。

不規則な生活になりがちですから、日常的に運動し、健康には気をつけてください。

あとは、こんなものを作りたいという情熱を持つことが大切です。

知識は幅広く、多い方がいいです。

情熱があれば、自然と知識が身に付き、アイデアも出てきます。

楽しくやることが大事だと思います。