外交官になるための大学、学部、学歴

総合職には東大が圧倒的に有利

府省共通の国家公務員総合職試験に合格するのは、圧倒的に東京大学出身者が多いです。次に京都大学、それから早稲田大学、慶応大学などの私立の名門校が続きます。

いわゆるキャリア外交官になるには、このあたりの大学を出ておくと有利でしょう。

外務省に限っていうと、東京大学法学部を総合職枠で採用することが多いようです。

外務省専門職は特定地域に関する研究を大学で行った人、マイナー言語を習得している人など、各地域のスペシャリストを求める傾向があります。

そのため、大学に関しては総合職よりもバラエティに富んでいるといえるでしょう。

どんな学部が有利なのか?

国際法にのっとって業務を遂行する必要のある外交官には、法学部が有利に働く面があります。

しかし国際関係学部や政治経済学部、外国語学部など、外務省の業務に活かせる知識を学べる学部は幅広くあります。

法学部が有利だからといってそれに凝り固まる必要はなく、興味があり得意な分野でエキスパートになることを視野に入れることも大事でしょう。

必要とされる学歴は?

新卒採用試験は、総合職(院卒程度)(大卒程度)、専門職員、一般職(大卒程度)(高卒程度)という区分に分かれます。

このそれぞれの区分の中で、職務内容によって採用が行われます。そのため、高卒以上の学歴があれば、外務省に入省して外交官になる道は開けているといえます。

社会人経験者採用試験は、総合職(係長級(事務職))、専門職員(書記官級)、一般職(係員級)という区分があります。

総合職と専門職員の社会人採用に応募するには、大学卒業以上の学歴が求められ、一般職では高校卒業以上の学歴が必要となります。