演出家になるには

演出家になるのに絶対に必要な資格や学歴などはとくにありません。

しかし、持っていた方が良い知識や、スキルはあります。それらは学校で学ぶことから、実際に現場に入って学ぶことまでさまざまです。

専門の学校で学ぶ

映像制作の専門学校など、演出家になるための専門学校は首都圏を中心に数多くあります。最近では、映画、バラエティ、ドラマなど専攻が細かく分かれている学校もみられます。

『TRICK』『SPEC』で知られる堤幸彦監督や、『世界の中心で、愛をさけぶ』などでおなじみの行定勲監督ら、現在第一線で活躍する大物演出家もこのような専門学校の卒業生です。

演出家に必要なノウハウを基礎から学ぶことができ、卒業後は制作会社への就職のサポートもあります。

また、美術系の大学にも映像系の専攻学科があるところがあります。

有名なところでいうと、日本大学藝術学部映画学科で、黒澤明監督、『海猿』の羽住英一郎監督など多くの大物演出家を輩出しています。映画界で活躍したい人にはとくにおすすめの学校です。

ほかにも舞台演出家・宮本亜門が在籍していた玉川大学の芸術学科演劇専攻科など、探せばいろいろな大学に演劇関係の専攻科は存在します。

このような学校で学ぶことは、基礎から段階をしっかりと踏んでスキルを磨くことができるので、技術だけでなく幅広い知識を学びたい人には良い道のひとつでしょう。

現場で技術を学ぶ

学校などで専門的な知識をつけずに現場へ飛び込むという手もあります。

制作会社や劇団で現場アシスタントやアルバイトを募集している場合などは未経験からの受け入れをしていることも少なくありません。

現場の空気を感じながら、作品制作の進め方、先輩演出家の仕事を間近で見られるのはとても勉強になります。

学校で基礎知識を学ぶことも大切ですが、「百聞は一見に如かず」ということわざがあるとおり、自分の眼で現場を見て学んだ方が早いこともあります。

現場に入れるチャンスがきたら、逃さず、進んで働くことをおすすめします。

劇団を立ち上げる

すぐにでも演出家としてデビューしたいという人は、自ら劇団を立ち上げるという方法もあります。

ただし小規模の劇団は数多く存在しますし、もちろん最初は収入もあまり見込めず、公演や宣伝など活動するたびにお金が消えていくのも現実です。

しかし「世界のニナガワ」と呼ばれる蜷川幸雄を始め、劇団の俳優から演出家へと転身した例も数多くみられます。

ツテも経験もない場合、まずは演出家にこだわらずに自分の好きな劇団に入り、お芝居のことを学びながら業界内での人脈づくりをしていくのもひとつの方法です。

そしてこのような下積み時代に出会い、苦楽を共にした仲間は人生において何物にも代えがたい貴重な財産ともなるでしょう。