映像クリエイターになるには

センスとテクニックがすべて

映像クリエイターになるための一般的な方法は、専門学校や大学で映像制作について学んだあとに映像制作専門の企業やテレビ局、広告代理店に入社するという方法です。

就職において学歴を重視しないところもあるので専門学校や大学に行くことはマストではありません。

ですが、映像編集の際に使用する機材の種類や使い方を学んだり、CGと呼ばれるコンピューターグラフィックスの技術を身につけたりすることができるので、学校で学ぶことは、即戦力として働くための有意義な経験となるでしょう。

映像クリエイターとしての仕事に役に立つ資格というのもありますが、企業によっては学歴や資格よりもクリエイターとしての芸術的なセンスや編集のテクニックを何よりも重視していることもあります。

就職試験の際に今までに制作した作品を提出しなければいけないこともあるので、とにかく実力がものをいう業界だと考えておいた方がよいでしょう。

ステップアップの道筋

映像クリエイターの求人に募集して採用されたとしても、入社後にいきなり一本の作品を任せてもらえることはそうそうありません。

一般的には、まずは先輩のアシスタントにつき、企画の絵コンテやシナリオを清書するのを手伝ったり撮影や編集の際に使用する機材を発注したりしながら仕事の流れを掴みます。

実力が認められれば、徐々に企画の提案や映像の編集を任せてもらえるようになり、いずれは作品をメインで制作する役割を任せてもらえるようになります。

一人前になるまでにかかる時間は本人の資質や会社の育成方針によって大きく変わりますが、入社から数年間はアシスタント扱いということはこの業界では決して珍しくありません。

先輩の働く姿を見ながら、焦らずにしっかり実力をつけていくことが大切です。

また、アシスタント扱いのときは給料が低いこともあるので、入社前にステップアップの道筋を確認しておいたほうがよいでしょう。