映像クリエイターになるための学校(大学、専門学校)

デッサンや編集のテクニックを磨くため

映像クリエイターの仕事においては芸術的なセンスやひらめきが重要な要素となります。

そのため、資格や学歴がなくても実力だけで成功している人は数多くいます。

しかしながら、やはり映像を制作するにあたってはさまざまな知識と技術が欠かせないので、映像制作について勉強できる学校に行くのはひとつの近道ともいえるでしょう。

それでは、映像クリエイターをめざすのであればどのような学校に行くとよいのでしょうか。

ここでは、さまざまな学校の特徴を紹介します。

映像について学べる大学

まず、一般的に最も難易度が高いとされているのは芸術大学や美術大学の映像関係の学科です。

入学試験を突破するためには相当な勉強が必要で、何年も浪人するのは珍しいことではなく非常に厳しい世界です。

そのぶん、入学後は教授による高いレベルの授業を受けることができますし、「芸大卒」「美大卒」という経歴は就職の際にも有利になることもあります。

美術系の大学で映像を学べるところとして人気なのは、武蔵野美術大学の映像学科、多摩美術大学の映像演劇学科やグラフィックデザイン学科でしょう。

また、総合大学のなかに美術系の学部や学科があることもあり、日本大学芸術学部の映画学科や立命館大学の映像学部も有名です。

映像について学べる専門学校

大学に比べると比較的入学しやすいのが、専門学校です。

東京や大阪などの大都市を中心に映像を学べる専門学校が多数あり、「映像学科」「CG(コンピューターグラフィックス)クリエイターコース」などさまざまな学科やコース名となっています。

専門学校の場合は、機材の扱い方や映像加工の方法など、より実践的なテクニックを身につけられることもあります。

ただし、大学にしても専門学校にしても、学校で勉強したからといって必ずしもこの分野に就職できる人ばかりではありません。

本人の資質によっては夢破れてまったく違う業界に就職するということも珍しくないので、卒業生の就職先などもよくチェックしてから学校を選ぶ必要があります。