独学で映像クリエイターになれる?

センスとテクニックで勝負

映像クリエイターという職業に就くにあたって、必要な資格や免許というのはありません。

映像系の資格や映像制作について学ぶことができる大学や専門学校は数多くありますが、この業界においては何よりも「良い作品を作れるかどうか」ということだけが問われます。

映像や音楽のセンス、編集のテクニック、最新の機材を使いこなす知識などが揃っていれば、他のクリエイターには真似できないようなオリジナルの作品を生み出すことができるでしょう。

たとえ独学であっても問題はないのです。

ただし、映像制作専門の企業では、就職試験の際に資格や学歴の有無を参考にすることもあるので、自分の志望する企業がどのような人材を求めているかについてはしっかりチェックしておいたほうがよいでしょう。

独学で映像制作を勉強するには

それでは、独学で映像クリエイターをめざす場合、どのような準備が必要になるのでしょうか。

まず一番大切なのは、過去の有名な作品を片っぱしから視聴して、実力のある映像クリエイターがどのような作品を作っているのかを学ぶことです。

日本の映像クリエイターだけではなく、世界的に活躍している映像クリエイターの仕事も見ておくとよいでしょう。

最近ではインターネットに接続できるパソコン環境さえあれば、動画サイトや企業のホームページ、アーティストのミュージックビデオなど無料でさまざまな映像に触れることができます。

また、テレビではたくさんのコマーシャルが流れていますし、映画やゲームのオープニング映像を見ることも勉強になります。

学ぶ意欲さえあればいくらでも自分で勉強ができる時代なので、本人の頑張り次第では独学でも相当量の知識やセンスを身につけることが可能です。

独学で映像クリエイターになるには

たくさんの映像を見て学んだ後は、自分で実際に制作してみることが大切です。

家庭用のビデオカメラやパソコンの編集ソフトなど機材を一式用意して、自分が最高だと思えるような映像を作ってみましょう。

こうして制作した映像を多くの人が閲覧できる動画サイトに投稿したり、映像コンテストに応募したりすることで、映像業界の関係者の目にとまり、チャンスが舞い込むことがあります。

独学で映像クリエイターをめざす場合は、とにかく積極的に自分から動いていくことが大切なのです。