動物飼育員の仕事内容

動物の健康管理を行う

動物飼育員の主な仕事内容は、動物園や動物を扱うテーマパークなどで働き、展示されている動物の飼育、管理を行うことです。

どのような動物も、人間と同じように食事をし(餌を食べ)、眠ったり運動をしたりし、排泄をして生きています。

動物飼育員は、こういった日常の彼らの生活に寄り添って、さまざまな状態変化に対応しなくてはなりません。

動物が病気になったり、出産が控えている時などは、夜を徹して働かなければならないこともあります。

不規則な生活を強いられることもありますが、動物を愛する人にとっては、毎日動物に囲まれて仕事をするという環境に、大きなやりがいを感じながら働いています。

動物の世話

動物飼育員の日々の仕事は、動物の健康状態を管理することと、給餌(動物に餌を与えること)です。

とくに、動物がきちんと決まった量の餌を食べているかをチェックすることは、動物の健康状態を確認するうえで欠かせない重要な業務です。

他には、園内の快適な環境を整える園舎の清掃業務があります。園舎を清潔に保つことは、来場者に気分よく過ごしてもらうために不可欠であることはもちろん、動物の健康を守ることにもつながります。

通常、動物園に勤務すると、一人の動物飼育員が数種類の動物を担当することになるため、この仕事を行うだけでも1日がかりです。

なお、獣医師と動物飼育員が協力して働く動物園では、獣医師が動物の健康管理や治療を担当し、動物飼育員は動物の日常的な世話を行うなど、細かく分業しているところもあります。

ショーの解説、来園客の接客

ショーや展示の解説を行なっている動物園では、これらの仕事も飼育員が担当しています。

担当する動物のことを最もよく知る飼育員が集まり、園内で開催されるイベントアトラクションの企画・運営、広報活動、また動物のトレーニングまで行うことがあります。

同時に、来園客の接客も担当します。お客さまに楽しんでもらうためのアイデアを出し、それを実現していくことも、動物飼育員の大事な仕事の一部なのです。

動物研究

動物たちの生殖活動をサポートし、種の保存を行うことも、動物飼育員の重要な仕事です。また、生態の記録などの研究・記録活動は、後に貴重な資料となることもあります。

動物飼育員はただ単に動物の世話をするばかりでなく、好奇心を持って、より深く動物の生体や習性を知ろうとすることも求められる仕事です。