電車運転士の勤務時間・労働時間・休日

勤務時間は不規則

電車運転士の勤務時間・労働時間は少々複雑で、日によって異なるのが特徴です。運転士になってからの生活は、「泊まり」「明け」「日勤」「休み(休日)」のいずれかを繰り返していきます。

さらに、乗務を予定している運転士の急な体調不良などに備え、出勤をして待機する「予備交番」の日もあります。

電車は始発から終電まで運行するため、泊まって翌朝の始発電車の乗務に備えることや、終電の乗務を終えて翌日午前中からの勤務が入っていれば、泊まらざるを得ない場合もあるのです。

「泊まり」の日は、午前中から1日働いて、翌朝勤務が終了となります。そして、泊まりが終わった日は「明け」となり、勤務終了後は実質休みとなります。これを何度か繰り返しながら、間に朝から夕方ごろまで働く「日勤」も組まれます。

では、泊まりの日は丸一日ずっと働いていなければならないのかといえば、そういうわけではありません。数時間ごとに休憩が入ったり、途中で連続した仮眠の時間もとることができます。

ただし、乗務や休憩の時間帯は自分が担当する電車によって変わりますし、日によっても異なってきます。

電車運転士は「平日は毎日8時間勤務」などと決まっているわけではないため、どうしても不規則な生活を強いられます。

しかし、各社とも勤務時間は労働基準法に基づいて設定しており、1カ月の労働時間は平日1日8時間程度の計算となっているため、そう心配することはありません。

また、基本的に毎月発表される勤務表に従って働くため、トラブルがない限りは残業もそれほど多くありません。

休日・休暇

駅や電車は年中無休ですので、運転士の休日も土日祝日と決まっているわけではありません。もちろん土日に休みが入る週もありますが、その時々によって変わります。

なお、鉄道会社は世間一般がお休みの時期(ゴールデンウィークやお盆、年末年始など)のほうが忙しく、これらの時期を「繁忙期」としています。そのため、一般の会社員と同様に有給休暇をとることもできますが、繁忙期を避けて取得することが求められます。

サービス業に携わる人の多くと同様、カレンダー通りに休めないのは電車運転士の宿命ですが、街が混雑しない時期に連休をとることができるのは良いところです。

運転士たちはこの不規則な勤務体系を前向きにとらえ、休日には趣味を楽しんだり旅行をしたりして上手にリフレッシュしています。