コンサートスタッフの仕事内容

感動のステージを作り出す仕事

コンサートやライブをはじめ、演劇、ショー、イベントなど、ステージの準備と運営を行うのがコンサートスタッフの仕事です。

舞台監督や演出家の指示に従って、音響装置の音量や音質を調整するPAエンジニア、曲や演出に合わせて照明を操作する照明エンジニア、背景のスクリーンなどに映し出す映像を操作する映像エンジニア。

これらの職種は合わせてステージエンジニアと呼ばれることもあります。

さらに、楽器や機材の運搬とセッティングを行うローディー、会場全般の設営を行うスタッフ、コンサート当日に受付や警備を行うスタッフなども加えた総称が「コンサートスタッフ」です。

それぞれが自分の専門とする仕事をこなしながら、出演者と一体になって感動のステージを作り上げます。

コンサートスタッフの所属先

ステージエンジニア

PAエンジニア、照明エンジニア、映像エンジニアは、主に制作会社の所属、それぞれ専門のプロダクションの所属、会場の所属に分かれます。

より凝った演出なされたコンサートの場合、制作会社または制作会社から依頼を受けたプロダクション所属のステージエンジニアが専任で担当し、全国ツアーがある場合には出演者とともに各地を回ります。

それほど凝った演出でない場合や、小・中規模の会場、アマチュアやインディーズアーティストが出演する場合などは会場所属のステージエンジニアに任されることが多いようです。

ローディー

主に出演者が所属するプロダクション、ローディー専門のプロダクション、会場の所属に分かれます。

出演者と同じプロダクション所属の場合は付き人のような働きをすることが多く、業務の範囲が幅広くなるようです。

ローディー専門プロダクション所属の場合はトラックを使った運搬もこなし、会場所属の場合は会場内での運搬、セッティングが主な仕事になります。

設営、受付、警備スタッフ

イベント系の派遣会社から、必要な時間のみ派遣されて働くことがほとんどです。