調香師のやりがい

正解のないものを追い求める日々

数千種類にも上る香料を組み合わせて、香りという目に見えないものを開発するのが調香師の仕事です。

香りに対する評価は各人の感覚によるものであるため、どんなに苦労して調香しても、これが正解だという明確な答えを得ることはできません。

正解のないものを作りだすのは決して容易なことではありませんが、研究者という要素の色濃い調香師はむしろその大変さに楽しさを感じています。

苦労して開発した香りが評価されたときに得られる大きな達成感がやりがいにつながっているのです。

日々蓄積されていく知識や技術

前述の通り、調香の仕事に正解はありません。したがって調香師はこれを入れてみよう、あれを増やしてみようなどと日々試行錯誤しながら、職務に励みます。

それによって、調香に関する知識が蓄積され、自分の持つ引き出しも増えていくことは研究者にとって最大の喜びであるといっていいでしょう。

その日々の成長が開発や研究のモチベーションになっていると考えられます。

不特定多数に喜びを与える

商品の原材料表示に「香料」とあっても、どこで誰がその香りを作ったのかを意識する人はほとんどいないでしょう。

また、調香師サイドも自分が商品の開発に携わったことを社外の誰かに話すことはありません。

それでも、自らが開発した香りが実際の商品となって、多くの人々の手に渡ることは調香師に大きな感動を与えます。

消費者アンケート等で実際にその商品を使った人が香りを高く評価していることを知ったとき、多くの調香師がこの仕事をしていて本当によかったと実感することでしょう。

自分の功績が世の中に出回ることはなくても、調香が不特定多数の人々に喜びを与えることができる仕事であることは研究者たちの大きなやりがいにつながっています。

本物と見紛うほどの完成度を目指す

とくに食品香料を扱うフレーバリストにいえることですが、まさかここで香料が使われているとは思えないほど、本物に近い香りを表現できたとき、調香師は大きな達成感を感じます。

元からあった香り以上に本物らしく香り付けをしていることに消費者が気づかないという状態は、本来香りのあるべき姿であり、それを実現できることは調香師にとって大きな成功であるといえます。