調香師の仕事内容

調香師の基本的な仕事

調香師(ちょうこうし)は、食品や化粧品、生活用品などの香りを調合する職業です。約6000種類以上もある香料の中から組み合わせて、新しい香りを作り出すスペシャリストです。

香りに関する知識はもちろんのこと、その基本となる化学的な素養や、流行をキャッチする能力、また場合によってはアーティストとしての才能も求められます。

調香師には、大きく分けると2つの種類があります。化粧品などの香り(フレグランス)を作る「パヒューマー」と、食品などの香料(フレーバー)を作る「フレーバリスト」です。

パヒューマーの仕事

化粧品メーカーや、香料専門の会社で、口に入らないものの香りを調合するのが仕事です。たとえば化粧品や石けん、シャンプー、入浴剤、各種洗剤、芳香剤などの香りを作ります。

クライアントからの依頼に合わせて調香を行うほか、自ら新しい香りを考案することもあります。

パヒュームといえば、香水のイメージがありますが、日本で香水にたずさわる機会は少ないとされています。実力次第では、海外に活動の場を求めるパヒューマーもいるようです。

フレーバリストの仕事

食品会社や香料会社で、口に入るものの香りを調合するのがフレーバリストです。食品や飲料、歯磨き粉、お酒のほか、薬やタバコの香りも作り出します。

食欲をそそる香りを作ったり、加工食品をリアルな味に近づけたりと、「いかに口の中で美味しく感じさせるか」を目的とします。食品の成分表示に「香料」という文字を見かけますが、これを作っているのがフレーバリストなのです。

扱うものが非常に多岐にわたるため、たとえばお菓子の専門や、タバコの専門など、ジャンルに分かれて担当しています。

日本においてはパヒューマーの仕事は非常に少なく、フレーバリストとして働く人のほうが圧倒的に多いようです。