調香師になるための学校(大学、専門学校)

理系の大学を卒業している人がほとんど

国内の調香師のほとんどは食品や化粧品メーカーの研究部門に所属しています。

研究部門に所属するために必要な資格などはなく、他の部署同様、就職活動の後に、入社後、配置が決定します。

そのため、研究部門を希望しても別の部署に配属されることも大いにあり得ます。

調香師には香りの素材に関する有機化学、分析化学などの基礎的な化学的知識が必要なので、大学または大学院で理系分野を学んだ人が多く採用される傾向があります。

中でも、農芸化学、生物化学、薬学など化学系の学部を卒業していると有利だといわれています。

調香技術が学べる学校もある

数は多くありませんが、調香を学ぶことのできる専門学校もあります。ここで調香の知識や技術を学ぶのも調香師を目指す上での一つの方法です。

このような専門学校には大学で文系学部に属していた人や他職種から転職を希望する人など、さまざまな経歴を持った人が通っています。

卒業後はメーカーに限らず、香料販売専門の企業や研究所に就職する人もいます。

調香の本場、海外で学ぶ

調香の本場であるフランスを始めとした欧米諸国に渡り、本場の調香師養成学校に入学するという道もあります。

ただし、調香師を目指しての海外留学は決して容易ではありません。

調香師養成学校は人気が高く、かなりの高倍率になることがほとんどです。

あるフランスの養成学校では定員が3人のところに3,000人ほどの志願者が集まるという話もあります。

入学に際しては、高額な費用がかかることに加え、英語と日常会話程度のフランス語が必須であり、そのハードルはかなり高いと考えていいでしょう。

調香師を目指して海外留学を考える場合、まずは日本で語学力を高め、資金を貯める必要があります。

独学は難しい

調香師に必要な資格や学歴はないため、独学で学ぶという方法も理論上は可能です。

しかし、調香師に必要な数千種類の香りを記憶して、自由に組み合わせるための技術や知識を習得するためには数千種類の香料を実際に手に入れなければなりません。

これには莫大な資金がかかるため、実質不可能であるといえます。

独学は大学や専門学校に通う傍らで補助的に学ぶという程度のものにしかならないといえるでしょう。