鍼灸師の求人状況・就職先選びのポイント

鍼灸師の就職先にはどんなところがある?

鍼灸師としての就職先は、鍼灸院、病院・医院、鍼灸整骨院、福祉施設などが主となります。

鍼灸師には「開業権」があり、医者と同じように院を開業することができため資格を取ってすぐ開業する人もいます。

また、院を開業せずとも、出張の届けを保健所に提出すると、出張専門鍼灸師としての活動もできます。

開業には院を構える費用が必要ですが、出張専門なら移動費だけで済むので、比較的実現しやすいといえるでしょう。

鍼灸師の勤務先と仕事内容の違い

鍼灸師の求人の状況

鍼灸院は新卒の募集数が少ないのが実状です。

鍼灸院には、徒弟制度が設けられているところもあるようで、見習いからのスタートとなる場合、給料が低く無給であることもあります。

病院・医院への就職もあまり多くありませんが、たいていの場合、リハビリ室での勤務となります。

鍼灸整骨院へ就職する鍼灸師は、病院よりも多いといわれていますが、そこでは「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」の資格を所持していることが採用条件となることもあります。

福祉施設への就職は、老人ホームなどの施設がその対象となります。

鍼灸師の就職先の選び方

どの分野で活躍したいか

鍼灸師は、一般的な治療院のほかにもさまざまな分野で活躍ができる仕事です。

そのため、自分がどのように活躍したいか、どのような分野で働きたいのかをしっかりと考え、就職先を選ぶ必要があります。

スポーツトレーナーとして働く

近年、スポーツ選手のケガなどを予防するために鍼灸が取り入れられるようになっています。

そこで、鍼灸師のスポーツトレーナーとしての需要が鍼灸師に増えているといわれています。

狭き門ではありますが、スポーツの知識を持っていればスポーツトレーナーとして働くことができる可能性もあります。

美容業界で働く鍼灸師

そこまで多いわけではありませんが、最近では美容業界で鍼灸師の資格を持った人が活躍することもあります。

エステサロンや美容クリニックに就職する際に、鍼灸師としての知識やスキルを持っていると、優遇されることがあるようです。

鍼灸師の志望動機・面接

針灸師を目指していく人の多くが、「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」という気持ちを持っています。

また、過去に自分がケガをしたり身体の調子が悪かったりして、針灸の治療を体験したことがあるというケースも目立ちます。

最近では鍼灸師の活躍の場が美容やスポーツの分野まで広がっているため、鍼灸師を見かける機会も増えたことも、鍼灸師になりたいと考えるきっかけのひとつになっているかもしれません。

鍼灸師の仕事は自分が健康である限り、歳をとっても長く続けていくことができるため、ある程度の年齢になってから鍼灸師への転身を志す人も決して少なくありません。

鍼灸院の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

鍼灸師が就職先を探す場合は、ハローワークや求人サイトなどが一般的です。

ただし鍼灸師はもともと求人が少ないため、採用状況についてもそれほどよいとはいえないのが現状です。

学生にうちにできるだけ実力を高めて開業を目指すか、「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」などの資格をあわせて取得し、より広い視野で就職先を探すほうがいいかもしれません。