歯科医師の勤務先の種類と仕事内容の違い

歯科医師の勤務先と仕事内容

歯科医師の代表的な勤務先は、さまざまな医療施設となっています。

医療施設の種類別の内訳をみると、クリニックや医院、診療所に次いで大学附属病院という割合は長く変わっていないようです。

また、医療施設以外では、大学などの教育研究機関や行政機関等がありますが、少数派であることは間違いありません。

一方、ニュースや新聞などで、歯科医師過剰の報道を目にすることもありますが、求人は常にある状態のため、就職先が見つからないということはほとんどないといえそうです。

歯科医師の仕事内容

クリニックや医院で働く歯科医師

クリニックや医院は一般的な歯科医院を指し、開業ではなく勤務医として就職します。

都心部では特に歯科医院の数が増え、競争が激化する近年では、小児歯科、矯正歯科、審美歯科など、歯科全般というよりも専門とする歯科治療を掲げている歯科医院が多くあります。

歯科医師になったばかりのころは、一般的な歯科治療を中心に一般患者をたくさん診て多くの症例を積むことが必要ですが、将来専門にしていきたい科を見据え、勤務する歯科医院を選ぶとよいかもしれません。

また、院長の近くで仕事をすることで、ゆくゆくの独立に必要なノウハウや経営などを学べるチャンスも多くあると言えそうです。

大学病院などで働く歯科医師

大病院というと、大学病院などの教育機関附属の病院と、国公立や民間の病院の2種類がありますが、歯科医師が病院で働く場合、そのほとんどは医育機関附属、すなわち大学附属病院となるようです。

歯科医師になるためには、6年制の大学の歯学部もしくは歯科大学を卒業して国家試験に合格後、1年以上の臨床研修が必須となっています。

臨床研修の多くが大学の附属病院で行われるため、研修が終わった後もそのまま数年間勤務するケースが多くあるようです。

特に高度医療を行う大学附属病院では、めずらしい症例や口腔ガンなど一般の歯科医師では治療が難しい高度な治療を行うほか、口腔機能障害、言語障害がある患者さんなどの機能維持・回復を目指す口腔リハビリテーションなど、チーム医療で携わる口腔外科治療にいたるまで幅広く多様な経験を積むことができます。

日々進化する歯科治療の現場に身を置きながら、先端かつ高度な治療に携わっていきたいと考える人に向いている就職先といえるでしょう。

大学などの教育研究機関や一般企業で働く歯科医師

歯科医師になるためには、6年制大学の歯学部もしくは歯科大学を卒業し、歯科医師国家試験に合格し、臨床研修を修了しなければなりませんが、歯学部で歯科医師のたまごである学生たちを教えるのも多くは歯科医師です。

特に基礎科目ではない、臨床系の科目の場合は現役の歯科医師が授業を行うケースも多々あります。

また、大学の歯学部もしくは歯科大学では大学院に籍を置きながら、歯科医師が、新しい歯科治療法、治療にかかわる材料や病態の解明などの研究をしています。

少数派ではありますが、歯科クリニックで使用される機器やツールを開発製造しているメーカーや製薬会社、検査機関など歯科医師免許を生かして一般企業に就職する歯科医師もいます。

開業をする歯科医師

わたしたちの最も身近な歯医者さんである開業医になる歯科医師も少なくありません。

大学病院や他のクリニック、診療所などで経験を積んだ歯科医師の多くは、のちのち開業医となるケースが多くみられます。

大学進学で郷里を離れてそのまま研修を終え、しばらく修行をしてから地元に帰り開業する場合など、レールの先に少なからず開業が見える歯科医師にとって独立開業も可能性の大きな選択肢になっています。

しかしながら、開業をし、うまく軌道に乗ればしっかりとした年収が得られますが、視界の飽和とともに地域によってはますます歯科医院の競争は激化しており、経営が厳しいところも数多くあるのが現実です。

開業医となり、しっかりと安定的に収入を得るためには、治療の腕を磨くのはもちろん、矯正歯科やインプラントなど、自由に料金を設定できる保険診療外の自費治療を取り入れ、患者から選ばれることが必要となってきます。