セキュリティエンジニアへ転職するには? 未経験・中途採用はある?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

セキュリティエンジニアへの転職状況は?

セキュリティエンジニアは転職の需要が高く、IT業界からの転職者も多い職業である一方、他業界からは少なくなっています。

IT化が進んだ現在、セキュリティエンジニアはなくてはならない職業ですが、一方で人材は不足しています。

そのため、経験者に対するセキュリティ関連企業の採用意欲は高まっています。

これらの企業は社歴が浅い企業も多く、必然的にセキュリティエンジニアは転職者が多い業界となります。

またITエンジニアの経験者もステップアップを求めて、転職を希望する方が多くなっています。

一方でセキュリティエンジニアの職務をこなすためには情報セキュリティだけでなく、ネットワークやインフラなどに関する幅広い知識が必須です。

このことは、セキュリティエンジニアへの転職がIT業界からとなる理由です。

セキュリティエンジニアへの転職の志望動機で多いものは?

セキュリティエンジニアへの転職に際し、有効な志望動機はいくつかあります。

そのなかでも代表的な例を、以下にあげてみました。

・サイバー攻撃などの脅威から企業を守り、円滑な業務の運営と企業価値を守ることに貢献したい
・自らの技術力をレベルアップしたい
・どのような仕組みで攻撃が行われるのかを解明し、よりよいセキュリティサービスの提供に生かしたい
・企業のニーズや予算にあわせたセキュリティサービスを提案し、顧客企業のセキュリティを向上させたい

一方でセキュリティエンジニアに求められる役割は、企業によって大きく異なります。

従って志望動機は企業研究を十分に行った上で、個々に作成する必要があります。

未経験・社会人からセキュリティエンジニアになるには

セキュリティエンジニアの経験がなくてもIT業界の経験がある方は、中途採用で入社し活躍することができます。

特にネットワークやインフラの経験をお持ちの方は、他の職種よりも転職しやすいでしょう。

一方で社会人経験があったとしても、IT業界の経験がない方の場合、いきなりセキュリティエンジニアになることは簡単ではありません。

それは、IT業界の未経験者を直接セキュリティエンジニアとして採用する企業が少ないためです。

これは、セキュリティに関する資格を持っていたとしても例外ではありません。

したがってIT業界の未経験者がセキュリティエンジニアになるには、いったんインフラエンジニアやネットワークエンジニアとして経験を積み、その後にセキュリティエンジニアを目指すルートが一般的です。

セキュリティエンジニアへの転職に必要な資格・有利な資格

セキュリティエンジニアへの転職にあたり、持っていると評価が高まる資格はあります。

一例として、以下の資格があげられます。

・情報セキュリティマネジメント
IPA情報処理推進機構 情報セキュリティマネジメント試験

・CompTIA Security+
The Computing Technology Industry Association CompTIA Security+

・CCNA Security
CISCO CCNA Security

いずれも試験での取得であり、2~3ヶ月程度の学習が必要です。

また受験料は、数千円から数万円かかります。

もっともこれらの資格は、実務経験に匹敵するものではありません。

特にネットワークやインフラの経験者は、実務経験を裏付けるものとして活用するとよいでしょう。

一方でIT業界未経験者の場合は、資格を取ることでやる気をアピールでき、有利に働く可能性があります。

セキュリティエンジニアへの転職に役立つ職務経験は?

セキュリティエンジニアはセキュリティだけでなく、ネットワークやインフラに関する幅広い知識と経験が求められます。

また顧客担当者との折衝もあるため、コミュニケーションスキルも求められます。

そのため転職を成功させる上では、以下の職務経験が役立ちます。

・ネットワークに関する設計・構築の経験
・サーバーやデータベースに関する設計・構築の経験
・システム監視や障害対応の経験
・システム管理の経験
・カスタマーエンジニアの経験

もっともさきほど解説した通り、IT業界を経験していない方は、上記にあげた経験がない方も多いでしょう。

いったんインフラエンジニアやネットワークエンジニアとして働くことで、上記の経験を身につけることができます。

セキュリティエンジニアへの転職面接で気をつけるべきことは?

セキュリティエンジニアへの転職面接で気をつけるべきことは、いくつかあります。

時間厳守や身だしなみといった社会人共通の注意点はもちろん、職種特有のポイントにも気をつけましょう。

・コミュニケーション能力が重視される職種であるため、相手の話をよく聞いてから回答することが必須
・自らすすんで学ぶ姿勢を示すことも必須。意欲よりも経験や資格をアピールするほうが効果的
・最後までやり抜く責任感が求められる
・法令やモラルが重視される職種であるため、これに反する体験を面接で話さないように注意が必要
・知ったかぶりをしない

せっかく能力がある人でも、上記に反する内容が見受けられると不合格になるおそれがありますから、十分な注意が求められます。

セキュリティエンジニアに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

セキュリティエンジニアへ転職する際、高いスキルがある方なら何歳でも転職を実現することが可能です。

一方で未経験の方が転職する際には、やはり20代、30代、40代といった年齢で区切られることは避けられません。

もしあなたが20代であれば、転職を実現することは十分に可能です。

場合によってはIT業界未経験でも将来性を見込まれ、セキュリティエンジニアに転職できるかもしれません。

しかし30代になると、未経験者の転職可能性は下がります。

40代になるとさらに難しくなりますが、不可能ではありません。

セキュリティに関する知識を十分に学び、未経験者歓迎の企業に応募すれば転職できる可能性はあります。

未経験からセキュリティエンジニアへ転職する志望動機

未経験からセキュリティエンジニアへ転職する場合は新卒の就職活動と同様、自己分析や業務、企業の研究は欠かせません。

このため志望動機を考える際には、以下にあげるポイントを踏まえることが必要です。

・やりたいことをはっきりさせる。3年後や5年後どうなっていたいか、考えることも有効
・セキュリティエンジニアの業務を深く掘り下げる
・企業研究をしっかり行い、業務内容とセキュリティエンジニアに求められるスキルを見極める
・応募先企業の業務や職種に合わせて、志望動機を作る

セキュリティエンジニアを求める企業が求める業務は、現場でプログラムを組む業務から、監視、コンサルティングまでさまざまです。

志望動機を考える際に企業研究もしっかり行うことで、あなたがやりたい業務ができる企業を選び、応募できます。

セキュリティエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やセキュリティエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost