セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアの仕事とは

セキュリティエンジニアとは、企業の情報システムを外部からの侵入や攻撃から守る仕事です。

みなさんは時々、「会社の情報が社外に流出した」などといったニュースを見たことがあるでしょう。

このようなことが起きると、以下のような不都合が起きる場合があり、社会に悪影響を与えてしまいます。

・病歴や思想信条など、秘密のことを世間に公表されて困る人が出る
・勝手にインターネットショッピングなどで買い物をされ、金銭的な被害にあう
・情報管理の甘さを追及され、会社の業績が下がる

そのため情報システムに対して事前に被害を防ぐ仕事をするのが、セキュリティエンジニアの役割です。

したがってセキュリティエンジニアは、今の社会において大変重要な仕事です。

セキュリティエンジニアの業務の内容

情報システムに、セキュリティのプログラムやサービス、機器を追加する

セキュリティエンジニアといっても、システム導入の手順は、一般的なシステム開発やネットワーク・サーバ機器の導入と大きな差はありません。

すなわち依頼された要件を確認し、必要な機器やプログラムをそろえて適切な設定を行い、動作試験(テスト)を行って納品するといった流れとなります。

企業によっては、引き続きその後の運用や保守を行う場合もあります。

これらの業務は新しく構築するシステムだけでなく、すでに動作中のシステムに追加する場合もあります。

その場合は動作中のシステムに影響を及ぼさないことに配慮しながら、進めなければなりません。

情報システムについて、セキュリティに弱い面がないか調査する

自社でセキュリティのサービスを提供する場合は、そのサービスについてセキュリティに弱い面がないか調査する業務もあります。

もしセキュリティ上の弱点が見つかった場合はシステム開発部門などの担当部署に報告し、改善を促します。

またセキュリティエンジニアは、社外の企業に対して調査を行う「コンサルティング業務」を担当する場合もあります。

情報システムへの侵入があった場合は、迅速に対処する

もし担当する情報システムへ侵入があった場合は、被害を防ぐため迅速に対処し、被害が出た場合は復旧をめざします。

セキュリティエンジニアのなかには、企業の情報システムが不正アクセスを受けた際のデータを保全し、原因を調査する「フォレンジック」を担当する人もいます。

セキュリティエンジニアの役割

セキュリティエンジニアは以下にあげる職種と連携して、企業で使われる情報システムのセキュリティを確保することが任務です。

・インフラエンジニアやネットワークエンジニア
・実際にシステムを利用する部署やシステム管理者
・開発中のシステムにおいては、プロジェクトマネージャ

このためセキュリティエンジニアは、他の職種とのコミュニケーションが必須です。

またセキュリティエンジニアは情報システムを安心して利用するために、社会的にも重要な役割を果たしています。

もしセキュリティエンジニアの活躍がなければ、機密情報や個人情報の流出、ウィルス感染などによる業務への支障などのおそれがあります。

セキュリティエンジニアの勤務先の種類

セキュリティエンジニアの勤務先は、大きく以下の3つに分けられます。

・セキュリティベンダー(セキュリティ対策製品やサービスを提供する企業)
・一般のIT企業
・国や都道府県などの公務員

セキュリティベンダーは、さらに以下の2つに分けられます。

・セキュリティソフトをつくり、個人や会社に販売する企業
・主に会社に対して、セキュリティの提案や対策をする企業

一方で一般のIT企業に就職した場合は、お客さまとなる企業に訪問して以下の業務に携わります。

・自社および他社のセキュリティサービスを提供し、導入作業などを行う
・導入予定、および運用中のサービスについて、セキュリティ面の検討や対策を行う

またセキュリティエンジニアは、公務員として勤務する道もあります。

この場合は専門職として、公共的な観点でのセキュリティ対策の政策を立てたり、実行したりする役割を担います。

セキュリティエンジニアの仕事の流れ

システム構築の仕事の場合

セキュリティシステムを構築するエンジニアの場合、仕事の流れは以下のようになります。

1.顧客企業から依頼された要件を確認し、システム構成や必要な機器、プログラムなどを提案する
2.機器の設計やプログラム開発を行う
3.セキュリティに関するシステムがきちんと動作するかテストを行い、運用開始後のメンテナンスなどを実施する

セキュリティの弱点のチェックや、情報システムへの侵入があった場合

同じセキュリティエンジニアでも、セキュリティの弱点のチェックや、侵入への対処を行う仕事の流れは以下のようになります。

1.セキュリティの弱点を発見、また侵入があったという検知や連絡を受ける
2.状況を把握し、対処の重要性と緊急度を確認する
3.状況に応じて、必要な対応を行う

対応については、弱点チェックなら開発部署などに連絡し、対処を求めることになります。

一方で侵入を受けた場合は、システムを正常に運用できる状態へ復旧する作業が必要です。

セキュリティエンジニアと関連した職業

セキュリティエンジニアと関連した職業には、以下のものがあります。

・サーバエンジニア
・ネットワークエンジニア
・システム管理者

セキュリティエンジニアは企業が活用する情報システムを幅広く、セキュリティという観点からチェック、および設計・構築する職業です。

これに対してサーバエンジニアは企業で用いるサーバについて、ネットワークエンジニアは企業内外のネットワークについて、それぞれ設計・構築を行います。

またシステム管理者は、企業で使われている情報システムを管理し、必要に応じてメンテナンスや追加開発をする職種です。

セキュリティエンジニアは、上にあげた他の職種と調整を行う必要があることも特徴です。

セキュリティエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やセキュリティエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost