日本語教師を目指す人に必要な資格・免許は? 費用はどれくらいかかる?

絶対に必要とされる資格や免許はない

外国人に日本語を教える日本語教師は、小学校や中学校などで働く教員のように、必ず持っていなくてはならない国家資格や免許はありません。

国内の日本語学校やスクールで留学生に教えたり、海外で現地の子どもたちに教えるなど、日本語教師の活躍の場は国内外にあります。

日本語教師は海外での需要も大きく、そこまで特別なスキルを持っていなくても、「日本人」というだけで日本語教師として採用されることもあるようです。

日本でボランティアとして活躍する場合も、とく日本語を教えるための必須資格はありません。

日本語教育の専門知識やスキルは必要

しかし、実際には何の専門知識やスキルを持っていない人が、日本語教師として活躍するのは難しいところがあります。

一般的に、日本語学校・スクールなどで採用されるおもな条件として、下記のことが挙げられます。

1. 大学で日本語教育を専攻する
2. 日本語教師養成講座420時間コースを修了する
3. 日本語教育能力検定試験に合格する

それぞれについて、概要を紹介します。

日本語教師になるには
日本語能力検定試験の難易度・合格率

1. 大学で日本語教育を専攻する

大学の日本語学科や日本語教育学科などでは、日本語教師を養成するための科目が設置されています。

将来、日本語教師として高等機関で働きたい人や海外で働きたい人であれば、大学で専門分野をしっかりと学ぶことは大事です。

大学によってカリキュラムが異なり、なかには実地で指導する経験があまり積めないこともあるようです。

そういった場合は、学生時代に積極的に日本語教師のボランティア活動をして教育経験をつけておくとよいでしょう。

2. 日本語教師養成講座420時間コースを修了する

民間の日本語学校やスクールでは、応募条件に「日本語教師養成講座420時間修了」と提示されることが多々あります。

このコースでは、日本語の知識や教え方の基礎的なことを学びます。

社会人や主婦など幅広い年齢層の人たちが学んでおり、通学制だけでなく、Webやテキストを利用して自宅で学べる通信制の講座も用意されています。

なかにはこのコースを修了した後、本格的に専門分野を研究するために大学に進学する人もいます。

3. 日本語教育能力検定試験に合格する

「日本語教育能力検定試験」は、「財団法人日本国際教育支援協会」が実施して、「社団法人日本語教育学会」が認定する検定試験です。

一年に1回開催され、日本語に関する知識や日本語教育に関する知識を問う問題が幅広く出題されます。

この検定試験に合格すると、民間の日本語学校やスクールに採用される可能性が高まるため、日本語教師になるための目標として頑張っている人が多いようです。

日本語教師になるための費用はどれくらい?

ここまで、日本語教師になるためのおもな方法を紹介しましたが、どのようなルートで日本語教師を目指すのかによって、かかる費用は変わってくるといえるでしょう。

大学で日本語教育を専攻する場合

大学に進学し、そこで日本語教育を学ぶ道を選ぶ場合には、大学4年間の学費がかかります。

学校によって学費は異なりますが、私立大学であれば卒業まで学費は400万円程度とされています。

そのほか、海外研修に行く場合などは別途費用がかかってくるでしょう。

大学では、日本語教育学以外にも語学や一般教養など幅広い分野について学べるのが魅力ですが、先に挙げた3通りのうち、日本語教師になるためにかかるお金は最も高額になります。

日本語教師養成講座を受講する場合

日本語教師養成講座は、おもに民間のスクールが講座を開講しています。

スクールも各社で学費が異なるものの、だいたい50万円~60万円前後のものが多いようです。

ただし、こうしたスクールは早期申込割引など期間限定の割引サービスを展開することもよくあり、そうしたものをうまく利用すれば、もっと安く受講することが可能です。

また、教育訓練給付金制度の対象者であれば、最大10万円が戻ってきます。

なお、一部の養成講座では一度受けた授業を再度受講する場合や、授業の振替をする場合などに別途料金が発生するため、事前に確認しておくとよいでしょう。

日本語教育能力検定試験への合格を目指す場合

日本語教育能力検定試験は、独学で勉強をして合格を目指すことも不可能ではありません。

資格試験自体の受験料が10,800円であり、それに願書や市販のテキストなどを購入しても、先に挙げた2通りの方法に比べて、非常に安い費用で合格を実現することができます。

もし完全な独学が不安であれば、民間スクールの資格試験対策講座を活用して合格を目指すこともできます。

ピンポイントで学ぶ講座であれば、数万円程度で受講することが可能です。

ただし、国内の日本語学校では、日本語教育能力検定試験の合格者よりも、日本語教師養成講座の修了生のほうを優先的に採用する傾向があるとされているため、その点は注意が必要です。