日本語教師として日本語を教えることはなぜ難しい?

「日本人=日本語を教えられる」ではない

「日本人なら誰でも日本語くらい教えられる」とよく耳にします。

実際、とくに海外の途上国の日本語学校では現地の日本語教師を雇うのが難しく、ただ「日本人だから」という理由で採用が決まることがあります。

しかし、日本語を話せるからといって、日本人なら誰でも日本語を教える仕事ができるというわけではありません。

普段、日本で暮らしていて、日本語を教えた経験がまったくない人は、日本語の文法や助詞の「は」と「が」の違いなどについて、意識して考えることはほとんどないはずです。

他にも、日本語では助動詞の活用や他動詞と自動詞の区別など、外国人にとっては難しいと感じるポイントがたくさんあります。

そうしたことを一から学ぼうとする人たちにどのように説明すればよいのかは、専門的な知識や教え方を知っていないとわからないのが当然です。

日本語での簡単な会話についても、ただ授業で漠然と学生としゃべっているだけでは教育効果は上がりません。

日本語を教えるには、教えるための知識や技術を身につける必要があります。

日本語を教えることの難しさはどこにある?

外国人にとっての日本語の難しさ

日本語以外を母国語とする外国人にとって、日本語は非常に難しいといわれます。

発音・文字・文法・また日本語の背景にある文化など、私たち日本人は無意識にわかっていることでも、外国人にとっては理解するのが難しい部分がたくさんあります。

それらをすべて論理的に、しかも日本語のレベルがあまり高くない人たちに指導することが、日本語を教えることの一番の苦労だといえます。

日本語教師として働くのであれば、自分がわかっているつもりになっている日本語についてすべてかみ砕き、その意味や使い方などについて、言葉で明確に説明できるようにしなくてはなりません。

教えるノウハウの習得が必須

日本語教師にはいろいろな人がいます。

国内では日本語教師として採用される基準は比較的整っていますが、それでも日本語教師は中学校や高校などの一般的な教師とは別で、教員免許などは必要なく、日本語教育のバックグランドは千差万別です。

たとえば、Aという日本語教師は大学院で日本語教育を修士レベルで修了しています。

Bの日本語教師は日本語教育の経験はまったくありませんが、日本語教師養成講座420時間コースを修了しています。

Cの日本語教師は、日本語検定は独学で合格しましたが、特別な日本語教育の勉強をしていません。

このように、同じ日本語教師といっても、その人が歩んできた道のりはさまざまであり、どうしてもスキルに差が出やすくなっています。

そして、ただ日本語を理解しているだけでなく、教えるノウハウがあるかどうかも大きなポイントとなります。

学習者の日本語レベルにもよりますが、初級の学習者に日本語を日本語で教える「直接法」の指導方法をとる場合、日本語での話し方や説明の仕方、教材の用い方などを工夫しなくてはなりません。

さらに、限られた授業時間の中で教えなくてはいけないという条件も加わるため、未経験の人にとってはかなり難しいものになります。

日本語教師は単に日本語を「話せる」だけでなく、「教えるノウハウ」を学ばなければ務まらない仕事といえます。