ITエンジニアの勤務時間・休日

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ITエンジニアの勤務体系は職場によって異なる

ITエンジニアの多くは、一般的な日勤の会社員と同じような時間帯に働いています。

しかしながら、データセンターの監視業務など、一部の仕事では夜勤を含めたシフト制の職場もあります。

そのほか、フレックスタイム制や変形労働時間制が採用されている職場も存在します。

IT業界は、他業界と比べると働き方の選択肢が多彩です。

最近ではリモートワークを認める企業が増えており、自宅中心に仕事をするITエンジニアもいます。

どのような勤務体系、働き方になるのかは事前に確認しておきましょう。

ITエンジニアの勤務時間

ITエンジニアの勤務時間は、会社や職種、雇用形態によって異なります。

たとえば、一般的なIT企業の正社員であれば9:00~18:00くらいと、非ITの職種とほとんど変わりません。

しかし、仕事量の多いITエンジニアの場合、この労働時間では仕事が回らず、日常的に多少の残業をしていることも多いです。

インフラやシステムの運用に携わるITエンジニアのなかにはシフト制で勤務している人もおり、複数のエンジニアで交替しながら日勤・夜勤を担当したり、土日祝日に関係なく働いたりしています。

ITエンジニアの休日

一般企業に勤めるITエンジニアは、土日が休みの「完全週休2日制」が多く、休日は比較的安定しています。

ただ、シフト制になっている職場の場合、週末や祝日に関係なく、休日は不規則です。

また、納期前や急なトラブルがあった場合、残業や休日出勤で対応しなければならないことがあります。

代休が取れる会社も多いですが、人員に余裕がないなど、制度があっても使えない職場もあるため注意が必要です。

また、システムの更新作業やメンテナンスは一般企業の長期休暇中に行われることが多くあります。

その際、担当するITエンジニアは、夏休みや冬休みなどの長期休暇を好きなタイミングで取ることが一般的です。

ITエンジニアの残業時間

ITエンジニアは残業が多い職業といわれてきました。

最近は改善の取り組みも行われているものの、まだ完全な解決にはいたっていません。

単純に仕事量が多いために残業になることもあれば、終業時間の直前に生じたシステムトラブルに対応するため、残業を強いられるケースもあります。

また、納期直前はどうしても忙しくなりがちで、夜遅くまでの残業になることも多いです。

月に20~30時間の残業時間が最初から予定されている企業も少なくありません。

ITエンジニアに夜勤はある?

ITエンジニアに夜勤があるかないかは、担当する業務によって異なります。

ネットワークやレンタルサーバーを扱う会社など、24時間体制でサービスを提供する職場では、「インフラエンジニア」や「ネットワークエンジニア」がシフト制で夜中も働いています。

システムの利用者が多い日中にメンテナンスやデータのバックアップなどを行うとシステムの動きが悪くなってしまうため、一般的には夜間に作業を行うのです。

そのほか、夜間は発生したトラブルの初期対応や問い合わせの受付なども担当しますが、日中より少人数で担当することが多く、意外に忙しいです。

ITエンジニアは忙しい? 激務?

ITエンジニアは基本的に仕事量が多く、忙しいと考えておいたほうがよいでしょう。。

とくにプロジェクトリーダーなどの責任者は仕事量も多く、納期前は激務と言ってよいほどです。

突然、お客さまの要望によって仕様が大きく変わった場合、対応のための作業が数多く発生しますが、納期がずらせないことも少なくありません。

たいていは少し忙しい程度ですが、トラブルがあれば急いで対応しなければならないため、突然激務になることもあります。

ITエンジニアの休日の過ごし方

ITエンジニアは納期前を除けば、休日出勤は少なく、あるとしても事前に予定されています。

そのため、基本的には他職種の一般的な会社員と同じように休日を過ごすことが可能です。

休日出勤の代休や、労働時間の調整で半休が使えるケースも多いため、まとまった休みを作って旅行をする人もいます。

しかし、急な問い合わせに対応できるよう、常に電話やパソコンを持って出かける人も多く、気が抜けないことも多いようです。

ITエンジニアの1日のスケジュール・生活スタイル

ITエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やITエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost