ホームヘルパーの働き方の種類・雇用形態

ホームヘルパーの雇用形態

ホームヘルパーの雇用形態は正社員以外にも、非常勤(パート)として働いている方も多い職種で、家庭や子育てと両立したい女性は、時間に融通が利く非常勤として働く傾向があります。

身体介護や生活補助のできるホームヘルパーの数は足りない状況が続いており、これから超高齢社会を迎える日本にとって、ますます必要な職種といえるでしょう。

正社員のホームヘルパー

正社員として雇用される場合は非常勤よりも安定して働くことができ、給料や待遇の面でも優遇されています。

人と接する仕事になるため、定期的な健康診断や予防接種は欠かさず実施し、ストレスが溜まらないようにカウンセリングを行っている事業所や、スキル向上を図るために、事業所内外での研修や講習に力を入れているところも多くなっています。

派遣のホームヘルパー

派遣のホームヘルパーとは?

ホームヘルパーは派遣という雇用形態でも働くことができます。

派遣として働くには派遣会社に登録する必要があり、近年では派遣会社が資格を取得させてくれるケースも増えているようです。

また自治体の社会福祉協議会などが派遣のホームヘルパーを募集することもよくあります。

ホームヘルパーは需要の大きな仕事となっているため、たとえ派遣だとしても働き場所は見つけやすいでしょう。

派遣で働くメリット・デメリット

派遣で働く場合のメリット

派遣では、時給に換算したときの給料体系が恵まれていることが多く、非常勤として働くよりも給料が高いことが多いようです。

また比較的福利厚生が充実しているところが多く、健康保険や厚生年金に加入することができたり、交通費が全額支払われたりするところもあります。

さらに派遣の場合は、仕事をする時間はある程度自由に選択できるため、自分の都合の良い時間、自分のペースで働くことができます。

派遣で働く場合のデメリット

派遣は契約期間が決められたなかで仕事をするため、その期間が終われば次の仕事先を探さなければなりません。

一般的には、利用者やその家族との人間関係に慣れた頃に契約が終わる場合が多いようです。

また派遣先でのトラブルや失敗などをした場合、契約を切られてしまいます。

派遣会社は信用が第一ですから、こうなればなかなか次の仕事は回ってこないでしょう。

アルバイト・パートのホームヘルパー

アルバイト・パートのホームヘルパーとは?

介護施設はとくに人手不足といわれており、アルバイト・パートの求人募集もたくさん出ています。

アルバイト・パートであれば、無資格者でも採用している事業所や施設はたくさんあります。

ただし、在宅介護で行う「身体介護」は有資格者にしか認められておらず、食事や排せつ・入浴の介助をはじめ衣服の着脱・外出時の介助といった介護を行うには「介護職員初任者研修」を修了している必要があります。

就業時に資格を持っていなくても、働きながら資格を取得することは可能なため、まずはアルバイトやパートとして介護業界で働き始める人も多いようです。

アルバイト・パートで働く場合のメリット・デメリット

アルバイト・パートの場合は資格や経験がなくても就職しやすく、求人も非常に多くあります。

ただし賃金は時間給になり非常に安いことが多く、また移動にかかる交通費は支給されないと思ったほうがよいでしょう。

またアルバイト・パートであっても利用者を送迎するための自動車の運転や調理経験を問われることもあり、正社員と同様の仕事が求められることが多くなっています。

副業のホームヘルパー

副業のホームヘルパーとは?

ホームヘルパーは登録制での雇用も多く、ニーズのある時間帯だけ利用者宅へ出向き、介護をするといったスタイルで働く人も少なくありません。

こうした働き方は副業としては働きやすい仕事だといえるでしょう。

ホームヘルパーの需要は急増しており、たとえ週に1日や数時間だけであっても、ホームヘルパーとして働ける人を求める事業所はたくさんあるようです。

本業が休みの週末を利用して、副業としてホームヘルパーを始めることは十分に可能だといえます。

副業のホームヘルパーとして働くには?

副業でホームヘルパーをする場合も、一般的には訪問介護事業所の求人を探して、応募するところから始まります。

非常勤や登録制としての募集があれば、スケジュールに無理のない範囲でホームヘルパーの仕事をすることができます。

ただし、ホームヘルパーは利用者の生活に密着する仕事のため、たとえ副業であろうと強い責任感が求められますし、正しい知識やスキルを持って介護に臨まなくてはならないことを覚悟しておきましょう。