言語聴覚士の就職先の種類と仕事内容の違い・公務員の仕事もある?

言語聴覚士の勤務先・働き方の種類

言語聴覚士の約8割は、病院やリハビリテーションなどの医療機関で働いているといわれます。

次に多いのが老人保健施設や老人ホームなどの福祉施設や介護施設です。

そのほか、養護学校や障害者施設などにも活躍の場があります。

言語聴覚士の仕事内容

医療機関で働く言語聴覚士

言語聴覚士の主な活躍の場は、医療の現場です。

医療の現場といっても多くの種類があり、総合病院や大学病院の口腔外科・耳鼻科・リハビリテーション科、あるいはリハビリテーション専門病院やリハビリテーションセンターなどが挙げられます。

これらの場所では、患者さんのリハビリをしていくことがメインになりますが、医師看護師の依頼があれば検査を担当し、口腔の機能などを評価する仕事をすることもあります。

医師や看護師など、医療機関の人との連携も多くあり、まさに医療の世界に生きているということを体験できる職場になっていきます。

福祉施設で働く言語聴覚士

言語聴覚士の活躍の場として近年注目が集まっているのが福祉施設です。

特別養護老人ホームやデイサービスセンター、「老健」と呼ばれる老人保健施設をはじめとした介護・福祉施設や、訪問リハビリなどの訪問介護・福祉サービスでも言語聴覚士が活躍しています。

福祉施設では、そこで日常生活をする人のためにリハビリを行うため、医療機関とは異なる雰囲気の下に働くことができ、医療機関とはまた違う角度から熟練した技術を学ぶことができる現場です。

福祉施設にいる高齢者は食べ物を飲み込むことが困難な人が多いため、言語聴覚士は食事面におけるリハビリの専門知識や技術がより高く求められるようです。

医療機関とは異なりリハビリの時間を確保されていないことが多く、利用者の方の日常生活に寄り添いながら訓練を行います。

日常生活に訓練を取り入れていくというのは、非常に高いスキルが要求されます。

うまくリハビリを生活に溶け込ませることができれば、訓練を受ける人の精神的負担も減り、より効果的にリハビリを進められます。

教育現場で働く言語聴覚士

まだそこまで数は多くありませんが、学校や育児施設といった教育機関も言語聴覚士が活躍できる場です。

リハビリの対象者は子どもとなりますが、大人を見るよりも難しく、発達に関する専門的な知識も必要になってきます。

発達障害を抱える子どもをどうサポートしていくかについては、現在国を挙げて取り組んでいるテーマの一つであるため、今後も教育現場における言語聴覚士の需要は徐々に高まっていくものと考えられます。

言語聴覚士が公務員として働くには

言語聴覚士が公務員として働ける場所は限られています。

公立病院や保健所・保健センターなどの都道府県や自治体の行政機関などは、言語聴覚士が公務員として働くことができます。

また、養護学校や聾学校などの特別支援学校の教員として働く場合も、公務員とされます。

ただし、求人数は少なく狭き門となることが多々あり、年齢制限があることも少なくありません。

特別支援学校教諭の仕事