ゲームプログラマーの働き方の種類・雇用形態

ゲームプログラマーの雇用形態

ゲームプログラマーの雇用形態には、さまざまなものがあります。

企業勤めをするゲームクリエイターは、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトのいずれかの形で働くことが多くなっています。

人気が高い大手ゲームメーカーへの就職は狭き門となりますが、まずはアルバイトとして業界に入り込み、経験を積みながら実績を残していくことで、正社員登用を目指すチャンスが得らることがあります。

また、ゲーム業界では経験を積むと、独立してフリーランスとして働く人も多くいます。

とくにゲームプログラマーはゲーム開発現場での需要が大きく、スキルがある人は歓迎されやすいため、さまざまな働き方の選択肢が可能となります。

正社員のゲームプログラマー

正社員のゲームプログラマーは、大手ゲームメーカーや中小規模のゲーム制作会社など、さまざまな企業で働くことができます。

ただし、小さな制作会社の場合、新人のプログラマーは基本的にアルバイトからスタートして、勤務態度や実力が認められると社員へステップアップとなる形をとっているところもあるようです。

給与面などで安定した正社員の人気はゲームプログラマーでもやはり高く、競争は厳しくなりがちで、専門学校などでプログラミングの基礎を身につけていることが採用の前提条件となる場合もあります。

ゲームプログラマーとして経験を積むと、独立したり、ディレクターやプランナーなどの企画職の道へ進んでいったりする人もいます。

派遣のゲームプログラマー

ゲーム業界では、派遣社員の需要も比較的多くあるようです。

派遣の給料は時給制となりますが、プログラマーとしてのスキルが高い人は時給2,000円以上からのスタートなど、高めの時給で働ける可能性があります。

また派遣の働き方では、ひとつの現場や案件に対して決められた期間のみ関わっていくことになるため、さまざまな仕事に挑戦しやすいという特徴があります。

そのため、あえて派遣の形を選んでスキルアップを目指していこうとするゲームプログラマーもいるようです。

派遣として働く際には、開発実績やスキル(扱えるプログラミング言語など)をしっかりとアピールしておくことが重要です。

アルバイト・パートのゲームプログラマー

アルバイト・パートとしてゲームプログラマーの仕事に携わることも可能です。

とくに開発が未経験であったり経験が浅かったりする場合には、正社員としての採用は難しくても、アルバイトであれば働けるチャンスが得られる企業もあります。

アルバイトの仕事内容は勤務先やスキルによって変わり、未経験者は先輩プログラマーのアシスタントや雑用からスタートする場合もあります。

ゲームプログラマーは、何よりも経験やスキルが重視されやすい職種であるため、たとえアルバイトであっても現場経験や業界経験を積むことは、その後のキャリアアップを目指すうえで決して無駄にはならないでしょう。

スキルが認められると一人のプログラマーとして責任ある仕事を任せてもらえることもあります。

フリーランスのゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、フリーランスとして働く人も比較的多い職種です。

ただし、いきなりフリーランスになる例はあまり見られず、一度はゲーム制作会社などで勤務経験を積んでいるケースがほとんどです。

短期間でも企業で働き、業界内での人脈を作っておくと、独立してフリーランスになってからも何かと役立つでしょう。

フリーランスになると自分で仕事を見つけなくてはならず、収入面などでも不安定な生活にはなりやすいですが、スキルがある人は高単価の案件を請け負うことが可能です。

実力をつけてゲームクリエイターとして名前が知られていくと、ディレクターやプロデューサー的な仕事にまで手を広げていく人もいます。